FXで豪邸は目指さず(笑)、う~んどこへ行こう。思いついたことをつぶやきます。

2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もはや生存確認のためのようなブログになってますけど。。
久しぶりの更新です。

最近トレード以外にも時間を取られ、すっかりブログの存在を忘れていました。

ドル円は、このスピードで100円までくるとは思いませんでした。
安部さん黒田さんの頑張りもあると思いますが
自分目線で考えると、長期トレンドが転換したから
というのが一番の理由のような気がします。

トレードを始めた当初から感じていることですが
為替が動くと、この材料で動いたという情報が出ますが
チャートがそちらへ動く準備が整ったとき(動きそうな時)にその材料が出た。
もっと言えば、材料がなくてもその方向へ動いたのでは、と感じることが多々あります。
もちろん、予期せぬタイミングで大きな材料が出て動くこともありますが。

私はファンダに疎いので、そう考えたほうが楽だったのかな。
なんでこれ書いたんでしょうね。。あまり誰かの役に立つとも思えないのに。。

ここである言葉を思い出しました。


「この世に客観的な事実などなく、ただ各人の解釈があるだけ」 byニーチェ


こんなつぶやきで〆てみます。


スポンサーサイト
長期円高トレンドの終焉か?!
ドル円が84円、86円を明確に超えてくると、月足も反転しそうですね。
トレンドの転換点は大きな収益のチャンスでもありますが
リスク管理を怠ると大きな損失にもなります。

私の大負けするパターンは、自信のある場面が多いです。
反対に動くことをあまりリアルに考えないので、リスクを取り過ぎてしまうんですよね。
なので、自信のある場面こそ気を引き締めるように言い聞かせています。

ドル円、ここは正念場ですね。


さて、また本の話なんですけど、最近登山本にハマっています。

特に遭難本。
自分は全く山登りとかしないんですけどね。
なにか危機管理の部分を求めてるのかもしれません。

そういう目で見るとトレードと共通するところがたくさんあるなと。
山の場合は、一歩間違えば命が失われるわけで次元の違う話かもしれませんが。

どんな遭難も運だけでは語れなくて、それまでにいくつもサインがあるんですね。
それを登頂という目的を果たそうとする中、冷静に判断しないといけない。

肉体的強さ、精神的強さに憧れます。

おすすめです。

ジョン・クラカワー 「空へ」
 
空へ

沢木耕太郎 「凍」

凍

最近読んだおすすめ本をご紹介。

HIKARITOKAGE


NAIKAN


自分を変えたいと思う
何かにいつもイライラしている
何かにいつも不満がある
幸せって・・・

そんなときにおすすめな本です。

斎藤一人さんや、潜在意識に興味を持ち
ポジティブに考えること、自己イメージを高めることをやってきました。

でも何かしっくりこない。
そんな急に変われない。

そんなときに読んで、ハッと気づきをくれた本です。
心屋さんの本は、他の著書もほぼ読みましたがどれもわかりやすくてよかったです。

FXとは関係ないですけど、習慣を変えようとするとき
会得から体得への過程は、同じだなーと
どんなときもトレードと絡めて考えてしまう自分。。ふむ。


バカラさんの新しいDVDを見ました。

15時からのfx

 ボリンジャーバンドとRSIの具体的な使い方について。

私はテクニカルは、移動平均線とボリンジャーを表示させるくらいでしたが
バカラさんの影響で最近はダイバージェンスも見るようになりました。

このDVDでも最初に前置きがありましたが、相場観があってのテクニカルだということ。
単にテクニカルの説明で終わらない、実践での経験からくる内容は、専業トレーダーならではだと思います。
そしていつものように淡々と端的に要点のみをわかりやすく伝えてくれます。

 ストップを狙うトレードについて

これは私の好きなパターンと同じでした。
バカラさんは、相場は変化してもストップを狙うトレードは普遍的と言っていました。
人の心理は普遍的ってことですね。。

私はFX勉強中という人に会うと、バカラさんのブログを勧めています。
このブログで以前触れたFXを始めた兄が、バカラさんのブログで相場観と心理を学び
ちょいちょい勝てるようになったそうです。

一朝一夕で身につけるのは難しいですけど、継続してこそ見えてくる経験則があると思います。
ユーロ今週は調整してますね。
戻りを待ちます。

ドル円は、介入警戒もあり下は固そう。
上も重そうだからレンジかな。


よしさんからのご質問

wakaさんはトレード時には、欧州、ダウなどの株価や原油などの主なコモデティーなどの相関性なども見ておられるのでしょうか?

株価やコモディティは、通常見ていません。
流行りと言いますか、何かがフォーカスされ、連動する相場になった時は見ます。

また、初心者が取り組むとしたら、どの通貨ペアをオススメしますか?
wakaさんが基本これから始める人には自らはオススメはしない派だという事を読んだ上での質問になります。


ドル円、ユーロドルですかね。スプレッドも狭いですし。
あと見る時間帯によっても、東京時間ならドル円クロス円、欧州以降はドルストレートがいいんじゃないかと思います。

また、wakaさんがひと目置いている投資家、投機家は誰でしょうか?
私は、リバモア、とリチャード デニスです。


有名な投機家のことをあまり詳しく知らないので、誰がというのはないですかね。
一番心に残ってるは、マーケットの魔術師に書かれてる、エド・スィコータの言葉

「勝っても負けても、皆自分の欲しいものを相場から手に入れる」

FXを数年やって、益々共感してます。

最後にもう一つ、wakaさんのデイトレードでのリスクリワード比率は(現実的に)どれぐらいになるでしょうか?

(現実的に)というのは、本当はリスク1に対してリワード3ぐらいは欲しいと思うのです。
しかし現実にはその時の相場の地合やメンタル面によって1対2がいいところになります。

リスクリワードは、勝率も加味して期待値を考えているので、トレード毎にかなり差があります。
例えば、見込み勝率90%であれば、リスクリワード(1:0.5)でもエントリーします。
1:0.5は極端かもしれませんが、短い時間軸での判断やスキャルのほうがそういう傾向にあります。
1時間足以上だと、やはり1:2以上が多いですかね。
記録をつけていないので正確ではないですけど。

それと、期待値によってポジションサイズをコントロールしています。
この資金管理によって勝ってる部分は大きいです。

wakaさんはリスクは必ず受け入れるのでしょうか?
一旦、利がのった時からの反転した場合、損切り注文まで待ち、建値決済はされないのでしょうか?


当初考えていた損切りポイントでカットすることのほうが少ないですね。
エントリーした後、値動きが違うと思ったらすぐ切ることも多いですし、建値決済もしますよ。


ユーロ円、今年の安値も大したサポートにならず抜けていきました。
ヤフートピックとかに通貨の話題が出ると反転すること多い気がするけど
ファンダを考えると買えないし、実需の売りも多いんだろうな。

ドル円も長期トレンド転換なのかと期待を持たせたのも束の間
今度は下をトライしてもおかしくない形。

豪ドルも完全にトレンド転換。

書いてると暗くなっちゃうな。。

いやいや、ボラはあるからトレードはやり易いけど。


夜中のつぶやき。。
コメントでいただいたご質問ですが、こちらでお返事させていただきます。

どうして坊やさんより

上手い損きりの位置を教えて下さい。
ここを抜けられると危ないポイントはなんとなく分かるのですが
騙しブレイクに引っかからない絶妙の損きりのポイントが分かりません><

せっかく損きりしたのにその後に思い通りに動いたら
ただの損きり貧乏になってしまいます。

騙しブレイクに引っかからない様にする為にはどうすれば良いですか?

今の自分がやってる対策は低レバでストップを置かない様にしています。
そうしたら勝率100%になりましたが一度でも負けると破産します。損きりしないので当たり前ですが(笑)

こんな危険な方法は辞めたいので
損きり貧乏にならい損きりポイントをマスターしたいです。
よろしくお願いします。


絶妙の損切りポイントですか・・・
それがわかれば私も教えて欲しいんですが(笑)

騙しが多いというと、時間軸が短いんですかね。
もしくは、レジサポのポイントからストップが近いか。
確かにストップを刈った後、元のトレンドに戻る動きはよくありますが
それを防ぐ方法は私もわかりません。

思いつくやり方としては、

・ストップが刈られて元のトレンドに戻ったと思ったら再度エントリーする。
・刈られた分損するのがイヤだというならストップをもう少し広くする。
 (この場合、ストップを広くする分期待値が悪くなるので、結局上の方法と変わらない可能性も)


いずれにしてもエントリーに勝率100%はないように、損切りにも100%はないんですよね。
エントリー後、思惑通り利食いが出来る確率が60%だとしたら
損切り後、思惑通り動く(戻ってこない)確率も60%ぐらいじゃないかと。
また、時間軸を無視して考えれば、損切りしてもいつかレートは戻ってきますよね。

ご質問の読むと、なんとなく聖杯探しになってるのではないかなと感じました。

ドル円に久々動きが出てますね。

日足は完全に上昇トレンド。
週足でもトリプルボトムを形成しそうな感じ。

usdjpy2012.gif
ドル円週足

長期ダウントレンドが終了するのか。
円安になって経済も少し明るくなるといいけど。

調整があれば長期ポジを仕込むチャンスかな。
同じこと考えている人が多そうだから
意外と下がらないかも。。
アメリカのドル安政策を考えるとクロス円もいいかな。


滑り込み年内になんとか更新!

今年は、新しいことにも挑戦し色々と学びの一年でした。
FXがすべての生活に少し変化のあった年でもありました。
(基本張り付いてますけど。。)

来年はどんなことが出来るのか。。
2012年の目標は何にしようか。。
とてもワクワクしています。

ではでは よいお年をーー☆

先日のパンローリングセミナーがDVDになるようなのでご紹介します。


西原さんのTDシーケンシャルのお話

NISHI.jpg


バカラ村さんのダイバージェンスのお話

BAKARA.jpg

バカラさんのセミナー後半に、2つの時間軸のダイバージェンスが整合性を得るには、もう2,3日もみあいが続いてから下落すると考えるのが確率が高いのではないか、というようなお話がありました。
ここだけ書くと全く??になってしまいますが、私もメインで使うテクニカルはMAですが同じように考えることが多いなーと共感しました。

例えば、ローソク足は落ちそうだけど、MAはまだもみ合っているとき。
もう少しもみ合うか、一度落ちてから戻るとMAも落ちる形になりそうだなとか。

逆に、ローソク足(価格)は落ちたけれど、MAはまだもみ合っているとき。
この下落は本格化せずいったん戻りそうだなとか。

こういう感覚は、同じテクニカルを使い続けてみえてくるんだと思います。
過去の記憶、潜在意識かしら。。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。