FXで豪邸は目指さず(笑)、う~んどこへ行こう。思いついたことをつぶやきます。

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おはようございます。
ここ数日朝晩が涼しくなってきました。
日中はまだまだ30℃超えですけど、だいぶ秋に近付いてきましたね。

8月は、ほとんどトレードはお休みして
今月から残り4カ月頑張ろうと、年末までのトレード目標を立てたりしてます。

目標をシュミレーションするのが一番楽しかったりします(笑)

前回の記事で、月単位の負け越しもありとしている
と書きましたが、ちょっと説明不足な部分もあったかなと思うので
普段どんな風に収支を管理をしているか書いてみます。

複数の口座を使っているので、収支はエクセルで管理していて
それぞれの口座残高を記入すると、年初からの収支が±○○と出るようにしてます。

毎年、年初に目標額を決めています。

で、月単位では計算していないので、負け越してる月もあるかもしれませんが
年初からの収支がマイナスにはならないように気をつけています。

どういうことかというと、年初は、かなーり慎重にトレードします。
勝ちパターンの中でも特に確率の高いものだけにエントリーして
とにかく損をださないように。

そして、その後はその利益の中でリスクを取ってトレードしていくようにしています。

以前はもっと短い期間で収支を管理していたこともあったのですが
マイナスの数字をみると、どうしても取り戻したいという焦りが出てしまうので
こんな感じでになりました。

大きなリターンを狙おうと思うと、その分リスクも大きくなりますが
この考えならメンタルの負担も少なくなると思いますよ。

同じような感じで月集計することもできると思いますが・・・
要は面倒くさがりなのかも^^;




スポンサーサイト
ドル円、91円台をつけて、V字回復でしたね。
買えませんでした。。
ケンサクさん、買えたかな??

V字で押し目なく上げられると、私のように買えなかった~
という人がたくさんいると思うので、この後は下値が堅くなるのではないかと思います。
次にチャンスがあれば、92円前半から91円台を狙っていきたいところ。


先日チャットをしているときに、スキャルはレバレッジをかけて
短期間で大きく稼ぐことができるという話題がありました。

確かにスイングと比べて、ストップがタイトで保有時間の短いスキャルのほうが
レバレッジはかけやすいし、1日に何度もチャンスがある時は
上手くいけば爆発的に資金を増やすことも可能ですよね。
まあ、反対に考えると、失敗すれば一気に資金が減るんですけど^^
レバレッジをかけると、その分口座残高の変動も大きくなるってことですね。

私もそういうやり方をやらないこともないんですけど
私のおすすめは、ここぞというときにレバを上げる方法です。

ここぞとは?
って言われてしまうと人それぞれとしか答えられないんですけど・・・^^;
いわゆる、自分の勝ちパターンですね。

尚且つ、レバを高くすることを考えると
ストップが狭く、リミットを大きく狙えるところ
更にすぐ動く(すぐ利が乗る)ポイント

が、私のレバかけ勝負ポイントです。

それがわかったら負けてないよ、と言われるかもしれませんが
週に1度、月に1度、年に1度でも、これはイケる!ってポイントありませんか?
でも、他で手を出して負けてしまっているとか。

そんな方にはおすすめです。
ハシビロコウトレード(もっちー命名)で、口座残高のレンジから抜けましょう!

もっちーブログより

ハシビロコウとは
Wikipediaより
巨大な嘴を持ち、獲物を狙うときは数時間にわたってほとんど動かないのが特徴。
大型のハイギョ等を好み、ハイギョが空気を吸いに水面に浮かび上がる隙を見て
素早く嘴で捉え丸呑みする。

何を書いてるんだ???
といいますとですね。

チャンスが来るまでじーっと動かず待って、チャンスがきたら迷わずばっくりいかなきゃ
っていうことです。

こんにちは。

GWに入りましたが結構動いていますね。
クロス円は調整したところで買いたいなーと思っていましたが
そんな余裕もなく上昇。

今回は、即日V回復ではありませんでしたが、形はVですね。。
私は2番底を確認してから次の押し目(3番底?)で入るのが好きなので
こういう相場だと、なかなか参加出来ません。

まただいぶ上げてしまったので、次の反転を気長に待ちます。。


えーっと、タイトルのポジションサイジングですが
以前、ポジションサイズについて私の考えや、どうやって大きくしたかについて書きました。

今回は普段のトレードの中でのポジションサイジング
レバレッジの利かせ方についてを書いてみたいと思います。

ズバリ、私がFXで結果を出せている一番の理由はコレだと思ってます。
だったらもっと早く書かんかいって感じですが、最近気づいたのです^^;

どういうことかというと、普段は小さくやって、自信のあるところで大きく勝負する
それだけなんですけど。。。汗

そもそもこれをやるようになった理由は、待てなかったから

トレードでの重要な仕事、待つこと
チャンスがくるまで、自分の勝ちパターンが来るまで
ひたすら待つ待つ待つ

これが出来る方は、まずトータルでは負けないんじゃないでしょうか。

しかし、わかっちゃいるけど待てないんだよーーー
って思いませんか??

待った時に限って予想通り動き、取り損ねたと焦って
どーでもいいところでエントリーしてしまう。。
 
メンタルもずたずたです。

そこでこの方法を使うようになりました。

始めた頃は口座を分けていました。
てきとう口座なんて名をつけて。

ポジポジ病だった私は、普段てきとう口座で極小の枚数でトレードし
ここだ!って時は本口座で10倍以上のポジションサイズでエントリーしていました。

最近は、ポジポジ病はだいぶ治りました。
口座分けも特にしていませんが、ここぞっていう勝負時とそうでない時
ポジションサイズに5倍以上差があります。

これだけ差があると普段のトレードってあまり意味がないんですよね。

例えば、普段1枚でトレードするとします。
1日20PIPS取ったとして、1週間で1万円です。
一方、勝負トレードは10枚だとすると
たったの10pipsで1週間分になんですね。
もちろん、たったの10pipsの負けで1週間分が飛ぶわけですが。。。

一応勝負どころは、自分の自信のあるポイントなので勝率はそこそこ見込めます。
尚且つ、私はストップが狭く値幅の狙えるところとしています。

この方法だと、試しで入るような普段のトレードは勝っても負けてもあまり影響はなく
結果は本勝負次第ということになります。

だったら、そこだけやればいいじゃんって感じですが
今では、この試しエントリーは私にとってとても重要で
メンタルを健全に保つ他にも、常に相場を感じる役目も果たしています。

元々は待てない自分の逃げ道だったんですけどね^^;

ここぞ!ってところがわからないという方は
まず、自分の勝ちパターン、得意パターンを見つけましょう!


ルールって、守れないから決めるものなのかなと最近思います。
だからルールを守ることって凄く難しいし苦痛ですよね。
でも、そこを越えるとルールはルールではなくなるのかもしれません。

かつて苦痛だったルールも、身を守るために、勝つために喜んでやること
に変わるような気がします。


こんにちは。
今日からイースター休暇なんですね。
今チャートをみたら、ポンドルのスプレッドに驚きました@@
休暇が終わるまでトレードは無理そうですね。

今日は、いただいたメールを一つご紹介したいと思います。

私が今でも苦しんでいるものは「ストップの徹底」です。
コツコツドカンがすっかり定着してしまっている私・・。
コツコツの時はストップ(損切り)がしっかり出来ていても、結局気が緩んだときにポジションを放置してしまいドカンと負けることになってしまいます。
塩漬けポジションも気づくと出来てしまっています。

今日は心底そんな自分が嫌になって、口座のお金を一旦下ろすことにしました。
そして一からストップの徹底、及びトレードスタイルの確立に向けて、もう一度勉強し直そうと思いました。

で、一つ目の質問なのですが、 wakaさんはどのようにしてストップ(損切り)が徹底できるようになりましたか?特に練習されましたか?

ストップの徹底に向けて今私が考えているのは、ポジションは常に一つまでにする。ということです。
新たにエントリーするときは、ポジションのない状態にしてから!という考えなのですが、どうですかね。。
枚数が少ないと放置しちゃうし、最初にストップを入れても途中で外しちゃうし、救いようのない私で・・


どのように損切り出来るようになったか?○○さんと同じですよ。コツコツドカンを何度も繰り返し、やっぱり損切りしなければ最後はやられるんだということをしつこく自分に言い聞かせました。練習と言えば練習かもしれませんね。実際にお金を失いますし授業料ですよね。
最初は月に一度の失敗が3か月に1回、半年に1回となり、今では自然と出来るようになりました。
同じ失敗を何度も繰り返したわけですが、私にとってそれは必要な経験だったと思っています。

その時は、もう自分あほかーーー!!と何度も何度も反省文を書きました。
書いている内容はいつも同じなんですよね。。

でも、失敗なしには成長出来ないですからね。
今だからそう思えるのかもしれませんけど^^;
自分では1歩進んでは1歩後退みたいに思えても、実際は2歩進んで1歩下がるという感じで着実に成長しているんだと思いますよ。

ポジションを一つにするというのは、とてもいいと思います。
私もポジションが複数になると集中出来なくて、失敗することがあります。
スイングでしっかりOCO入れていれば関係ないかもしれませんが、短期デイトレはまずは1ポジションがいいかもしれませんね。

ここまでがお返事です。
他にもご質問いただいたんですが、それはまたの機会に。

何度も同じ失敗をすると、ホントにばかばかばかーーって
まるっきり進歩がないように思えたりするんですけど
1度目より2度目、2度目より3度目と反省度が増したり
前回とは違った部分に気づいたり、意味のないことではないと思います。

トレードで勝てるようになるには
自分の弱点を一つずつ克服していく
それしかないと思います。

弱点を知るには失敗が必要です。

いくら本などで勉強して知識があったとしても
自分が経験したことのない失敗を未然に防ぐなんて無理だと思います。

そう考えたら、失敗の一つ一つが経験になり
失敗したことのない初心者から一つ成長したことになるんだと思います。

「成功とは、意欲を失わずに失敗に次ぐ失敗を繰り返すことである。」
                                          byチャーチル

続きです。

ここからは、更に参考になるようなことは書けませんが・・・
私の場合どうだったかということを書きますね。
その方法がいいか悪いかはわかりません。
お勧めも、あまりしません。(なぜ書く?笑)


原資を回収したあと、しばらくは積極的に枚数を増やすことはしませんでした。
特に増やす必要も感じていなかったと思います。

それを変えた理由の一つは目標です。
ご存じの方も多いと思いますが、てきとうさんが短期間で複利を利用し数億円を稼がれました。私は開設当初からブログを読んでいたので、ポジションがどんどん大きくなっていく様をリアルでみることができました。
そのことがダラダラトレードしていた私のハートに火をつけたのでした。

それが2007年の秋頃だったので、2008年に向けて自分なりの目標を設定しました。
具体的な目標があると、次にやるべきことも見えてきますね。

まずは目標額を達成するために、ポジションサイズを上げていくこと。
色々やってみましたがなかなか上手くいかず、強制的に枚数を増やすため、複利で運用するお試し口座をつくりました。

口座残高に対し、常に決まったレバレッジで運用するというルールです。
増えた分は出金せず、残高に応じて枚数を増やしたり、損を出せば減らします。

このレバレッジを決めるというのが、私にはよかったのか悪かったのか。。
決めたレバレッジも高かったので、調子が良いと枚数も急激に増えます。
心臓に悪いです。。。
ですがそれもじきに慣れました。

一番気をつけていたのは、枚数が変わっても同じトレードをすること。
金額を見るとつい早く利食いたくなったり、含み損が恐くなったりしますが、そこでトレードを変えては元も子もないですからね。
最初に決めたプランを貫くことを心がけました。

どうしてもメンタル面が追い付かない場合は、しばらく枚数据え置きにしたりもしました。

また思わぬメリットということで、先日コメントに書いてくださった方もいますが、枚数が増えることで慎重になれますね。
反対へ動いた場合のリスクを常に意識させられます。

そんな感じで、ポジションサイズを上げるという目的を果たすことが出来ました。


枚数を増やすというのは、リスク管理が出来ていない時のほうが気軽に出来るかもしれませんね。損失金額を現実的に考えず、儲ける額ばかり考えているので、ある意味怖いもの知らずです。
始めたころは、何も考えずに増やしてましたっけ^^;

安定して勝っている人のほうが、ポジションサイズによるメンタルへの影響は大きいように感じます。


今より多く稼ごうと思ったら、獲得pipsを上げるか枚数を増やすかのどちらかですよね。
獲得pipsというとトレードスタイルの問題もありますし、私は当初ポジションサイズにこだわっていましたが、今はバランスが大事なように感じています。

このことを上手く文章にすることが出来ないのですが。。例えば

  獲得pips  ×  枚数  =  収支

掛け算ですからどちらかがマイナスになると収支もマイナスです。
(枚数はマイナスにならないけど・・・)
どちらも10段階評価で考えたとして、もの凄くトレードが上手だけど枚数が小さい人の評価が

   8   ×   2   =  16

だとします。するとこの人が収支を増やそうと思ったら、pipsより枚数の評価を上げるのが効率的ですね。
評価が逆なら当然pips数を上げるのが効率的となります。

この例えが適切かはわかりませんが、どちらかに偏らずバランスを取るといいように感じます。
単純に数字の上の効果だけでなく、階段を一段上がると違った気づきもあるような気がします。

こんにちは。
今日はポジションサイジングについて書いてみます。
これについては、自分自身の考えがはっきりあるわけではないのですが(でも書いちゃう^^;
これまでの経験やそこから感じたことなどを書いてみますね。

まず、初心者の方や、FXを始めてから収支がマイナスの方は、出来る限り小さいポジションでトレードすることがベストだと思います。
これはあらゆる本にも書かれている基本的なことだと思いますが、わかっていても意外と出来ないんですよね^^;

私ももちろん例外ではなく、損失が膨らむにつれて取り戻さなければという気持ちが強くなり、ポジションを小さくするどころか追加入金で更に枚数を増やしていました。

その頃は儲けることへの期待が大きく、ポジションサイズを減らすことは、イコール儲けが減ると感じていたんです。
でも実際は、これまでの損益曲線が下り坂なのですから、ポジションサイズを減らすことは損するスピードが緩やかになるということなんですよね。

なぜか、こんな当たり前のことに気づくのにもの凄く時間とお金を費やしました。。
どの本を読んでも書いてあるんですけどね、その頃の私は、次こそはルールを守ってちゃんとやる(だから儲かる)の思い込みが消えませんでした。

そしてどうなったかというと、枚数を増やしたあたりから一気に損失は膨らみ、自身の財産を殆ど失ってしまいました。
そんな感じで、本に書かれていることを身をもって証明し(笑)始めてスタートラインについたのでした。

このスタートラインの意味は、自分が負け組だと、今のままでは勝てないと気づくこと。
小さいポジションから始める(もしくは再スタートする)ということは、自分の状況(実力)を客観的に判断できているかどうかという意味でもあると思います。


次に、ポジションサイズを大きくする場合ですが・・・う~ん、難しいです。
基本的には、収支がマイナスの間は大きくしないほうがいいと思います。

ポジションの大きさはメンタルに大きな影響を与えますし、今からFXを始める人も含め収支±0以上の人と、これまでにFXで損失を出し収支がマイナスの人では、マイナスの人のほうがメンタル的には断然不利だと思います。
なので、すでにメンタル面でハンデのある人は慎重にですね。
理想的には、原資以上の稼いだ部分でポジションを増やすというのがベストだと思います。

私の場合はというと、大損経験以前は30枚~100枚でトレードしていました。
そして例の気づき以後は1枚でスタートしたわけなんですけど、何せ損失額が大きいですからね、原資回収まで1枚でやっていたらいつになることやらです。
そこで、口座残高が増えるごとに少しずつ枚数を増やしていきました。
でも、自分のトレードに自信を持っていたわけではなかったので、50枚からは増やすことはせず、増えた分はすぐ出金するようにしました。
そして一度出金した分は口座残高が減っても再入金しないルールです。これによって、勝っている時は50枚、残高が減ると自然と枚数も減るというやり方でした。
原資回収後も枚数は少し増えたものの、しばらくはこのやり方を続けていました。

その頃の詳しいやり方はこちら

ただ、今考えると、原資回収以前に50枚はどうかなという気がしますね。^^;
運よく結果オーライでしたが、今、あの時の自分にアドバイスするなら、もうちょっと謙虚さをみなさいという感じです。笑

それからまた次のステージ~現在編があるのですが、長くなってしまったので次回へ続きます。


早くも2度目の更新です。
今朝の記事の損なしストップについて、解り難いかなと思い、画像で説明してみます。
わかってるよーという方は飛ばしてください。

14.gif


先日のドル円チャートで例えて考えてみます。
青○の109.68で10枚ショート、ストップはレジスタンス越えの109.80に設定したとします。
一旦109.40辺りまで下げ、また109.70レベルでもみ合い後下げに転じました。
ここで最初の下げでストップを建値に動かせば、次のもみ合いで刈られてしまいます。
ストップをそのままにしておけば、一旦利が乗る場面があっても、上抜けすれば-12PIPSです。

そこで109.40辺りで3枚利食うと+8400円、残り7枚は最初のストップ109.80のストップにかかれば-8400円ですから、ストップを動かさなくても損なしポジションとなります。
最初の利食い幅とストップ幅から、一旦利食う枚数を計算すれば、毎回損なし勝負が出来ます。
もちろん一気にストップにかかる時は何も出来ませんが。。

半分利食いや建値ストップとあまり差がないのでは??と思われるかも知れませんが、やってみるとかなりの違いがありました。
心理的な違いかもしれませんが。

ストップを建値に変えるというのは、今回のようにレジスタンスサポートが明確な場合は流れが変わらずとも刈られてしまうという事があります。

半分利食いは・・私の場合ですが、フィボナッチポイントや目標達成近くになってする事が多いので、目標のずっと手前ですぐ利食いというのは損小利大の面から見て抵抗がありました。

しかしこの方法は昨日何度かやってみて、あまり抵抗がなかったです。
始めから、一部利食うぞーという気持ちで望んだからかもしれません。
やってみると、残ったポジションはストップにかかっても損はないし、ストップは納得のいくところに置いているし、それはそれは快適?でした

ぜひ、みなさまも試してみてください!
って、もしかしてみんな普通にやってることかね・・・

ハッ、こんな時間に
プールは無理かな。。

今日は、私の資金管理について書いてみます。

現在3つのタイプの口座を使っていて、それぞれ方法が違うのですが、その中のポン円口座について書きます。

私はトレードをする上でいくつかルールを決めていますが、最重要に位置づけているのが下の2つです。

・損失を出したあと枚数を増やさない
・1日の損失額が○○円を越えたら、その日は終了

これは以前私が大損した時にやっていた事で、逆にこれさえやらなければ、数日の間にすべてを失うような事はないだろうと考えました。

しかし、どちらも負けた時のルールですから感情的になっている事が多く、なかなか守る事が出来ませんでした。

そこで、考えたのがこの方法です。(たまたま思いついただけですが)

ポン円口座の残高をいつも200万円にします。
ここの業者は20万円で10枚のポジションを持てるので、最大で100枚持てる資金です。
私は通常50枚~100枚で取引していますので、ほぼフルレバレッジですね。
例えば最初に100枚で取引して20万円の損切りになると、次は90枚しか持てません。
そんな感じで自分の調子が悪かったり、方向性が間違っていたり、能力が足りなかったりで(笑)資金を減らした場合、自動的にポジション枚数が減って行きます。
資金が減っても追加入金はしません。増えれば100万円単位で出金してます。

これまでも、残高が100万円を切ることはありましたが、すべてが無くなってしまうことはありませんでした。
この方法が自分に合っていたのだと思います。

逆にハイレバレッジ可能の業者に余裕資金を入れておくと、発作が起きた時に(笑)すべて失います。
いえ、失いました。

これは私の自制心が足りない為ですから、口座内でコントロール出来る方には必要ないかと思います。

ちなみに、口座内だけみるとフルレバレッジですが、自分に最適なポジション量を持てる最低の資金だけを口座に残すという考えですので、実際のレバレッジとは違います。

それと増えた分を出金するというのは、私は大事だと思います。
毎回でなくてもいいと思いますが、原資だけでも出しておけば、万が一の事があっても再出発できます。
私はそれをしていなかった為、大変な目に合いました。

資金管理と言えるほどの事でもありませんが、これもトレードと同じで自分に合った方法を選べばいいのかなと思っています。


今日はネタがないので、私の損切り設定の方法を書きたいと思います。
初心者の方以外は流してくださいね。

えっと、まずルール上は、ポジションを持つ前にストップの位置を決めます。
「生き残りのディーリング」に書いてあったのですが、まずストップを決めて、それによりエントリーポイントを決める位の気持ちでいます。(あくまで気持ちですが。。)
スキャルの場合は別ですが、スイングや持ち越しを考えているポジションなどは必ず守るようにしています。

次に、ストップ幅により取引枚数を決めます。
私はストップを置く位置は、サポートやレジスタンスを越えたところに設定したいので、エントリーポイントから遠くなってしまう場合は枚数を抑えます。逆に近ければ結構勝負できますね。
自分の損失許容範囲内で決めていきます。
そして必ず、ストップにかかった場合いくらの損失になり、口座残高がいくらになるのかを予め計算します。(私はそうしないと、本当に許容範囲なのか実感できないので。。)


FXを始めた当初はストップは入れていませんでした。
資金管理をしっかりしたスワップ狙いなら別ですが、私はそうではなかったので何度も痛い目をみました。MCも数え切れないほど経験あります。。
そこでストップの重要性を知り、設定するようにはなりましたが、しばらくはただストップを置いているだけの状態でした。結局ストップにかかるとMCに近い状態になっていたり、資金を大幅に減らしてしまったり。

今この方法にしてからは、そのような事はかなり減りました。
たまにルール違反をして痛い目みてますけど。。

また最近は他の方のブログをみて、近いところにストップを置いて、もう一度仕切り直していく方法を知り試していますが、なかなかうまく行きません。どうも、一度ストップにかかると、もう一度同じポジションを持つ事に躊躇してしまいます。
でも、とっても有効な方法だと思うので、これから新たな方法として練習していきたいと思っています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。