FXで豪邸は目指さず(笑)、う~んどこへ行こう。思いついたことをつぶやきます。

2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
長期円高トレンドの終焉か?!
ドル円が84円、86円を明確に超えてくると、月足も反転しそうですね。
トレンドの転換点は大きな収益のチャンスでもありますが
リスク管理を怠ると大きな損失にもなります。

私の大負けするパターンは、自信のある場面が多いです。
反対に動くことをあまりリアルに考えないので、リスクを取り過ぎてしまうんですよね。
なので、自信のある場面こそ気を引き締めるように言い聞かせています。

ドル円、ここは正念場ですね。


さて、また本の話なんですけど、最近登山本にハマっています。

特に遭難本。
自分は全く山登りとかしないんですけどね。
なにか危機管理の部分を求めてるのかもしれません。

そういう目で見るとトレードと共通するところがたくさんあるなと。
山の場合は、一歩間違えば命が失われるわけで次元の違う話かもしれませんが。

どんな遭難も運だけでは語れなくて、それまでにいくつもサインがあるんですね。
それを登頂という目的を果たそうとする中、冷静に判断しないといけない。

肉体的強さ、精神的強さに憧れます。

おすすめです。

ジョン・クラカワー 「空へ」
 
空へ

沢木耕太郎 「凍」

凍

スポンサーサイト
最近読んだおすすめ本をご紹介。

HIKARITOKAGE


NAIKAN


自分を変えたいと思う
何かにいつもイライラしている
何かにいつも不満がある
幸せって・・・

そんなときにおすすめな本です。

斎藤一人さんや、潜在意識に興味を持ち
ポジティブに考えること、自己イメージを高めることをやってきました。

でも何かしっくりこない。
そんな急に変われない。

そんなときに読んで、ハッと気づきをくれた本です。
心屋さんの本は、他の著書もほぼ読みましたがどれもわかりやすくてよかったです。

FXとは関係ないですけど、習慣を変えようとするとき
会得から体得への過程は、同じだなーと
どんなときもトレードと絡めて考えてしまう自分。。ふむ。


先日のパンローリングセミナーがDVDになるようなのでご紹介します。


西原さんのTDシーケンシャルのお話

NISHI.jpg


バカラ村さんのダイバージェンスのお話

BAKARA.jpg

バカラさんのセミナー後半に、2つの時間軸のダイバージェンスが整合性を得るには、もう2,3日もみあいが続いてから下落すると考えるのが確率が高いのではないか、というようなお話がありました。
ここだけ書くと全く??になってしまいますが、私もメインで使うテクニカルはMAですが同じように考えることが多いなーと共感しました。

例えば、ローソク足は落ちそうだけど、MAはまだもみ合っているとき。
もう少しもみ合うか、一度落ちてから戻るとMAも落ちる形になりそうだなとか。

逆に、ローソク足(価格)は落ちたけれど、MAはまだもみ合っているとき。
この下落は本格化せずいったん戻りそうだなとか。

こういう感覚は、同じテクニカルを使い続けてみえてくるんだと思います。
過去の記憶、潜在意識かしら。。

こんにちは。
またサボリ過ぎて広告でちゃいました。。

相場はトレンドがなくデイトレしかやりようがない感じですね。
ということで、1日20pを目標にコツコツやってます。


先日のパンローリングの投資フェアへ参加してきました。
ラリーウイリアムズの話が聞けるということで、楽しみにしていたのですが
感想は・・・微妙です。

でも、新しい出会いもあって楽しく過ごせました^^

bakara

パンローリングから出ているバカラ村さんのDVD

ブログを読んでも話を聞いても、理論的でわかり易い説明をしてくれるバカラさん渾身のDVD
バカラさん独自のボリンジャーバンドの使い方や心理を含めたフォーメンション分析

初心者でもわかりやすいですし、FX歴の長い方でも得るものはかなりあるのでは。
DVD140分でこの価格はかなりお得だと思います。


こんにちは。

ユーロドル 思い描いていたようにすんなりとはいきませんでしたが
目標の1.33台に到達しました。
ここからの動きがイメージできないのと、感謝祭ということもあり手仕舞い。

ここから年末にかけてはどうだろう。。
ドル円が上抜けて85円を目指す動きを見せたら乗りたいところですが
それ以外は今のところアイデアなし。

話変わって、図書館でこんな本をみつけました。

512znKax4hL__SL500_AA300_.jpg

FXトレーダーの大冒険

まったくの初心者が失敗を経験し成功をつかむという話なんですけど
予想外に?面白かったです。
単純なストーリーで先も読めるんだけど、気になるというか。

FX小説、娯楽本としておすすめです。
ただ、3800円なので小説としては高いかなあ。

これからFXを始める人、まだ痛い失敗を経験したことがない人には
それ以上の価値があるかも。

図書館などでみかけたらぜひ^^



こんにちは。

ポン円が抜けてきましたね。

今週は抜けそうで抜けなくて
それどころか、グンと上げて叩かれ下落が続いたので
だめかと思っていましたが。。

この後ロンドンからどうですかね。
ポンドルは1.6手前で揉んでいます。

さて、お薦め本を見易く集計してみました。

お気に入り本一覧

まだ忘れているものもあるかもしれません。
思い出したり、良い本がみつかれば加えていきますね。
ブログ右側に置いておきますので、気の向いた時にチェックしてみてください^^

メンタル系ばかりですが、本質はだいたい同じだと思います。
気に入ったものを何度か読み返えすのもいいかもしれないですね。

ではでは


こんにちは。

今日は、遂に部屋の片づけをしました。
約1月ほど放置されていた、引っ越し段ボールの残り。

はあーーースッキリした!

ついでにトイレ掃除も念入りにしたので
今週のトレードは期待できるハズっ(笑)

そんなことでちょっと疲れてしまったので
今日は本の感想などを。

1030

「世紀の相場師ジェシー・リバモア」

以前から読んでみたいと思っていたのですが、絶版本で高額なプレミアムがついていて手が出ませんでした。
ふとアマゾンをみたら増刷されていたので、早速注文しました。

ジェシーリバモアについては、「株で大きな富を築くも4度の破産を繰り返し、晩年自殺する。」
この印象が強く、ギャンブル的投資家なのだろうかと思っていましたが、全く違いました。

この本は投資本ではなく伝記なのですが、故に相場に人生を捧げたリバモアの哲学、本質が見えるような気がします。

心に沁みた部分を転載します。

・株価が変動する姿にのみ意識を集中させよ。変動の理由に気を取られるな。

・金は後からついてくる。金を目指しても勝利は得られない、正しい判断を得られて初めて勝利を手に出来る。

・身銭を投じて、自分の手口を注視し、失敗から教訓を得ることだ。

・相場師が成功を収めるための闘いは、心理的戦いであって知力の戦いではない。

・期待をして待つのは博打であり、忍耐強く待ち、シグナルを見いだした瞬間反応するのが投資・投機である。

・本当に大儲けできるのは、相場が大きく動くときだと固く信じていた。

・成功というものは失敗と同様、人を破滅に追い込む破壊的力を秘めている。

・経験ほどすぐれた教師はほかにない。(相場師には、観察力、記憶力、経験が必要)

・ミスは死と同じでどんなに頑張っても避けることはできない。(早々に損切ること)

・どうすれば株で儲けられるかという質問は、どうすれば脳外科手術で金儲けできるか、どうすれば殺人犯の弁護で金儲けできるかと医者や弁護士に聞くのと同じことだ。

・相場で成功しようと思ったら、ひたすら精励することだ。努力し、頑張り続けるしかないと言ってよい。


こんにちは。

まずはこちらの記事を読んでください。
     ↓
デイトレーダー生存率向上ブログ

すっごく共感です。
以前から書きたいなって思っていた内容でした。
どういう風に書いたらいいのか、そのままになっていたのですが・・・

たかやんさん、かっこよすぎです。

人のためでなく自分のためにやっている。

なぜ?

そんなの知りませんよ
でも、この世界、宇宙は、こういう法則に沿って動いているのです。


って言いきる潔さ 惚れました(笑)

私がこの事に気づいたのは、「ユダヤ人大富豪の教え」
という本を読んだことがきっかけでした。

衝撃でした。
初めて聞く考え方、物の見かたに、それこそカルチャーショックでした。

どういうことか?
簡単に言うと、自分のしたことは自分に返ってくるということです。

直接的でなくとも形が違えど、必ず、と私は思っています。


以下はお釈迦様お話です。

托鉢(たくはつ)と言う修行があります。

よく笠をかぶったお坊さんが、各家々を回ったり
道路の脇に立ったりして、手に鉢を持ちお布施を頂く光景を見た事ありますよね

かつてお釈迦様は、「托鉢」に向かう弟子たちに、こう言ったのだそうです

お金持ちの家を回ってはいけません。
貧しい人たちの家を回わりなさいと

弟子たちは驚きました
お金持ちの家から、「喜捨」を頂くのではないのですか?と

お釈迦様は、もう一度弟子たちに言いました

「いいえ、貧しい人たちの家を回るのです。貧しい人々は、自分が貧しいと思い続けてきて他人に施しをすることをしてこなかった人が多いのだ。他人に施しをすることで容易に救われるのだから救いに行ってあげなさい。そのための托鉢なのです。」

それで、昔から喜捨をした人の方が、ありがとうと言って立ち去るのが正しいそうです。


人は急に変われませんよね。。
でも、それが自分のためと思えば結構頑張れます。(笑)

その後、色々な本を読んで、今は中川昌蔵さんという方の
思想、哲学が自分の中に根付いています。

幸せのソフト

今日一日 親切にしようと想う
今日一日 明るく朗らかにしようと想う
今日一日 謙虚にしようと想う
今日一日 素直になろうと想う
今日一日 感謝しようと想う


これをトイレに貼って、毎日黙読します。
意識してやろうと思ってはいけないそうです。
毎日潜在意識に刷り込ませることで一年後に効果が出るとのこと。

私も一年以上経ったと思いますが、張り紙自体が空気のような存在に・・・笑

でも本で知ったことを意識的にでもやっているうちに、自分の考えになってきたような気がします。

FXも例外ではないようです。
というか、FXとの出会いがあって確信しました。

諦めないこと と同じくらい大切な宇宙の法則かもしれません。


以下お勧め本です。

41AB782Q5RL__SL500_AA240_.jpg

「ユダヤ人大富豪の教え」 本田健

   214APH9NA2L__SL110_PIsitb-sticker-arrow-sm,TopRight,10,-13_OU09_

「不運より脱出する運命の法則」 中川昌蔵

   syugorei1.jpg

「守護霊との対話~中川昌蔵の世界~」 小林正観
私が中川さんを知った本です。
上の中川さんの本は少し宗教色があるので、こちらのほうが入り易いかもしれません。


今週末は引っ越しです。
少し更新滞るかもしれません。

では

 
こんにちは。
クロス円、ドルストレート、だいぶ戻してきました。
ポンドル、ポン円、どちらもレジスタンスで止められ落ちてきています。
戻ったところは売りたいと思っていますが、今日のロンドンNYでどちらに動くか見て、もう少しいい形になるのを待ちたいです。もう一回上値トライがあってもいいかなと。
最近は待っている間にそのままずるずる行ってしまうことが多いんですけど、そうなった時は諦めます。
自分の好きな形とタイミング、その時だけ勝負です。


友人の薦めで山口絵理子さんの「裸でも生きる」という本を読みました。

11.jpg

以下アマゾンより転載

「途上国発のブランドを創る」。こんな突拍子もないアイデアを実現させるべく奮闘中の女性社長・山口絵理子さんの自伝エッセイです。
まだ20代半ばですが、ここまでの彼女の歩みは、まさにジェットコースターのように波瀾万丈。涙と笑いがぎっしり詰まっています。何度号泣するような絶望的な事態になっても、つねに前を向く生き方は、いまや多くの学生や若い社会人に感動を与えています。
小学校時代は陰湿なイジメにあい、校門をくぐれないような子供。その反動から中学で非行に走ります。しかしそこにも居場所がなく、偶然出会った柔道に打ち込みます。どうせなら強くなりたいと、進学した先は「男子」柔道部が強かった工業高校。何度も監督に直訴して入部し、地獄のような特訓を重ね、3年生のときに全日本女子柔道ジュニアオリンピックカップ-48kg以下級で7位に入賞します。
そこからまた一転、まだ自分にはできることがあるはずだと思った彼女は、ほとんどの生徒が就職する偏差値40の工業高校に在籍していたにもかかわらず、3ヵ月の猛勉強で慶應義塾大学総合政策学部に合格します。竹中平蔵ゼミで開発学という学問に出会い、発展途上国の経済成長理論を学び、途上国援助に目覚めます。
しかし、大学のインターン時代に夢かなって働くことになったワシントンの国際機関で、途上国援助と言いつつ誰一人途上国に行きたがらない現実に大きな矛盾を感じてしまいます。有名大学を出たエリートじゃ本当の援助なんてできない! いても立ってもいられなかった彼女は、「アジア」「最貧国」で検索して出てきた「バングラデシュ」に突然渡ります。
バングラデシュで彼女を待ち受けていたものは、開発学の教科書には載っていない、すさまじい腐敗と格差でした。役所に水道を通してもらうのも賄賂、交通事故で警官に救急車を呼んでもらうことまで賄賂。この衝撃に彼女は怒り、そして誰も思いつかなかったアイデアをつかみます。必要なのは途上国への施しではない。貧しい国で作られたものを欲しくもないのに「かわいそうだから」という理由で高い値段で先進国のバイヤーが買っていくフェアトレードという発想じゃダメ、先進国の消費者が本当に「これカワイイ!」と思うものを、このアジア最貧国で作ろう。
こうして23歳のときにバングラデシュで起業を決意、特産のジュート(麻)を使った高品質バッグを現地で生産し輸入販売するマザーハウスを設立します。その後、現地での工場探し、物づくりに対する根本的な考え方の違い、嘘や裏切りなど、日本ではあり得ないような苦難の連続を次々と乗り越えていきます。


すごくエネルギッシュな方です。
読むだけでパワーをもらったような気がします。

この本を読んで、藤原ていさんの「流れる星は生きている」を思い出しました。

22.jpg

こちらは、戦後の満州から幼い子供3人と母の壮絶な引き揚げ手記です。
私は自分も親となってから読んだので、涙なしでは読めませんでした。
そうでなくても感動間違いなしだと思います。

時代もジャンルも違いますが、著者のエネルギーに共通点を感じました。
どんな時でもパワーをもらえるお薦めの2冊です^^

こんばんは。
金曜日、ドル安のまま引けましたね。
月曜日からも基本は、この流れでしょうか。

ユーロドルが1.58辺りで重くなっていましたが、引け方を見ると上にいきそうです。

ポンドルは、一足先にしばらく続いた下げトレンド上抜けしています。

無題


トレードするなら、こちらのほうがいいですね。
テクニカル的には、しばらくはロングで間違いないと思います。
ファンダで見ると、あまり積極的にポンドを買う気になれませんが、相手はドルですしここはチャートを信じて押し目買い戦略です。
木曜日に少し買いましたが、また押す場面があれば拾っていきたいです。


さて、先日いただいたFXトレーディング

1


良書です!
これまで私がお勧めしてきた本は、メンタル系が多かったのですが、こちらは実用書です。
初心者向けの説明など上面な事ではなく、為替をやる上で重要な事が広範囲に書かれています。

読んでまず思ったのが、3年前に読みたかったーです。
もちろん、今読んでもとっても勉強になりましたが、私がこれまで経験やネットの情報など時間をかけて学んできた事が沢山書かれており、最初にこれを読んでたらもう少し授業料安く済んでいたかも。。。なんて思いました。

実践的な手法も紹介されており、テクニカル的な解釈は違えど、私もよく使う手法がありました。

初心者から上級者までお勧めと書かれていましたが、本当にその通りです。

ぜひ一読ください^^

応援クリックお願いします。
     ↓
2

にほんブログ村 為替ブログ FX 女性投資家へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。