FXで豪邸は目指さず(笑)、う~んどこへ行こう。思いついたことをつぶやきます。

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お二人の方から相場の変わり目で負けてしまうというコメントをいただきました。
こちらでお返事させていただきますね。

コメントより

勝ちパターンがあってルールがあってあとは実行するだけ。。この域に達するまでに長~い修行が待っているのに、勝ちパターンが通用しない時期がやってくると自信がなくなってルールを破って(変えて)しまう。
ルール破りではなくて、市場の動きに手法を合わせてると自分にいいきかせて。でも、これではいつまでたっても上へは登れませんね。
罠にかかってしまってはまた落とされる。
あせりや欲望、自信のなさ。ほんと~に自分との戦いだ~

ワカさんは、損切りが続いたときに何回連続で続いたらその日は様子見にするとかって言うルールは定めていますか?自分のルールと相場が合わない時にはどうしているのでしょうか?



相場は徐々に変化するもの、と聞きます。
だからルールの微修正が常に必要とか…。
勝っているトレーダーは常に前傾姿勢とも。

私の場合はそのやる気が空回りしているように思います。
そして裏目にでることが、焦りと苛立ちを呼びます。

wakaさんはルールの修正をどのようにして行いますか?

レンジの時の手法、トレンドの時の手法を使い分けていますか?
(例えば、レジスタンスにプライスが近づいて来た場合、レンジの場合は逆張り、トレンドの場合は順張りと同じ現象でもエントリーの方向性が逆になります。それを決定するのは裁量で…でしょうか?)





相場の変わり目、難しいですね・・・

私もそれで損をすることは多いです。
相場が合ってるときは調子がよくて慢心もでてきます。
それで変わったことに気づかずにあれあれ?ってやっているうちに勝った分以上に負けてしまったり。

うーん・・・結論から言うと、いつもの「経験」になってしまうんですが・・・

私も最初は勝った分以上に負けてしまう
そのうち勝った分がなくなって気付く
段々、利益のあるうちに気づけるように

そんな風に徐々にステップアップしていきました。
その時は、またやってしまった~と反省するばかりで、経験ともステップアップとも思えなかったんですけど。

経験していないことは防ぎようがないですし、かといって一度経験すればすべて身に着くというわけでもないんですよね。
そこが諦めとの戦いなのかもしれません。

でも、お二人とも自分の課題をわかっていて、どうすればいいのか考えている。
方向は間違っていないと思いますよ。

ちなみに私がどうしているかということなんですが、今は特にルールという決めごとはありませんが、強いて言うならやらないということでしょうか。

相場が合わないと感じたらやらない。
相場が合っていても調子が悪いと感じたらやらない。
やらないのは負けたときばかりでなく、大勝した後は様子をみたり
例えば、利食いした後にもっと相場が伸びて後悔や焦りの気持ちが出たときなどもチャートを閉じます。

細かいルールがあるわけではなく違和感を感じたらやらないという感じです。
この違和感というのが、過去の自分の負けパターンの経験からきているんですね。

それまでは色々ルール決めたりもしましたよ。
1日のトレード回数や連敗回数、上限負け金額をを決めたり
自分の何が負けにつながっているのかを考えて、その時々で対策を考えていました。
それでもまた新たなパターンがくると負けるんですが・・・
今もそうです。

>相場は徐々に変化するもの、と聞きます。だからルールの微修正が常に必要とか…。

そういう意味では、新たな負けパターンをつぶしていくことが
私にとっては、相場に合わせたルールの微修正なのかもしれません。


スポンサーサイト
ドル円 83円割れて82円台が定着しそうな感じですね。

介入、どうなんでしょう??

ドル円は安値を更新していますが、クロス円のレベルが高いので難しいのでは?
などという意見も聞かれます。

このレベルで明日の雇用統計が悪かったら
82円割れもありますね。

そこでも介入がないとなると80円割れも見えてきます。

まあ、介入を警戒しながらドル円をトレードするよりも
他ストレートをやったほうがいいかな。

市場のテーマはドル売りです。
ここから乗るのは怖いのでデイで回します。

でもこういう乗るのが怖い相場ってなかなか落ちないんですよね。
2006年頃の円キャリー相場を思い出しました。

大した押し目もなく上げていくので、買えないまま指を加えて見てる人が多いんです。
すると売りで取ってやろうって心理状態になる。
で、売り方が踏み上げられて更に上昇するという・・・

私もよくやられました^^;

なのでこういうときの売りは、チャートの形が整うまであまり手を出さないようにしています。

私の目安はこんな感じ

・時間足でダブルトップやトリプルトップ
・日足で上髭や陰線

欲張って天井を狙うと損切り貧乏になります。

トレンドは、多くの市場参加者が 反転しそうだと感じて

動かなければ、突然変わることはまずないと思います。

たまに突発的な材料が出て、チャート無視の反転もありますが
それは予想できないので諦め。

独りよがりの希望的目線で見ていないか??

エントリー前に問いかけるといいかも


こんにちは。
先週の波乱からまだボラの高い相場が続いていますね。

今日は東京に行く予定だったんですけど
予定を変更してチャートをみてます。
ボラ高相場好き^^;

株の誤発注から始まったということもあって
現在も株価に左右された動き、ちょっとやり難いですね。

ユーロドルは週末の材料を受け、昨日1.31まで上昇しましたが
今日窓を埋めて1.27まで。驚き
ユーロ円も窓埋めに向かっているよう。


こういう相場では、スキャルが多くなります。
ストップはいつも通りでも利幅が大きくなりやすく、損小利大の勝負が何度もできる感じ。
連敗してもキチンと損切りしてればトータルプラスにできます。

ボラティリティーの高い相場で気をつけていることは

反対に行かれたら即損切り
 ・戻ってから・・・なんて躊躇してると一方向に進み大損

エントリーは、(なるべく)流れに逆らわない 
 ・噴き値売り、どこまでも噴く場合あり
 ・急落、底なしの可能性あり
  
利食いは欲張らない
 ・↑とは反対だけど、急激な下落や噴いたらリカク

待つ
 ・損切りしやすく動きそうなポイントを待つ
 ・リズムを整え常にエントリーしようと思わない

後はいつも通りですが、参加者の心理を考えつつ
やっぱり経験かな

私も初めの頃は、下落相場でショートしかしていないのにマイナス
なんてことがしょっちゅうありました。
エントリーポイントが悪いことと、利食いを欲張ること原因でした。

以前こちらの記事で書いたので、よかったら読んでみてください。
  ↓
エントリーのリズム

こんにちは。
昨日は2時過ぎまでチャートを見てしまい眠いです。。
午前1時の金融政策発表後、ダウ、ドル円ともに下げました。

私は動き出すまで待とうと思っていたのですが、その前からポンドル、ポン円が動き出していたので先に参戦していました。
ポンドはここ数日ずっと上昇しているので、落ち始めればそこそこの値幅が取れるだろうととタイミングを見計らっていました。
同じように考えられていた方多いんじゃないでしょうか。

そうは考えていたけど、落ち始める前にすでに何度か踏み上げられてしまったというお話がありました。私も大損に至るまでに何度も繰り返した失敗です。そんな勇み足の逆張りを防ぐために気をつけていることを書いてみます。(以前の記事と重複する部分もありますが)

ショートは(ロングも)天井を取ろうと思うと資金がいくらあっても足りないです。
それで私が考えたというか気付いたことは、上げ相場が急に下げに転じることはないということです。(上げ相場も同じく)

短期間で押し目なく一気に上げた場合は別ですが、この場合はショートメイクの下げではなく、利食いの下げと考えるといいと思います。

利食いの一時的な下げではなく、本格的な下げに転じるには、参加者の多くがトレンドが反転しそうだと感じ、新たにポジションを作る必要があります。
そう考えると、テクニカルが反転するとか上値が切り下がるなどの単純明快なサインが必要なんだろうと思います。

そんな感じで私のルールというか目安は、

1.時間足でダブルトップもしくはトリプルトップ(ロングなら逆)
2.時間足でMA21の向きが反転しそう
3.日足が下げそう(なんて曖昧な)

のどれかがあてはまらない限り勝負ポジは取りません。ジャブはあり。笑
自分なりの目安を決めれば、テクニカルは何でもいいと思います。

とにかく、シングルトップ(そんな言葉あるのか)で落ちると思いこまないことです。

もちろんシングルで下げていってしまう場合もありますが、それは諦めと割り切ります。
すべて取ろうと思うと、何度も踏み上げられ、諦めた後に落ちて結局取れなかったとか、最後の最後にショートで取ったけど、それまでの損切りでトントンだったなんてことになりませんか?
私はそんなことばっかりやってました^^;

短期的には、上昇トレンドで売りを狙うとういのは逆張り的ではありますが
 
・完全な上昇トレンドの中での逆張り売り
・トレンドの変調を確認して反転どころを狙う売り

を分けて、後者を使うことはとても有効だと思います。

こういう風に決めてから負けがだいぶ減りましたし、今では、このパターンが私の利益の多くを占めています。

初めのころは、なかなかそこまで待てなかったので、吹き上げたところのショートもありとしていました。(今もやってるかな・・・)
ただ吹上げの時は欲張らず利食うこと。あとは、本勝負の時と枚数に差をつけること。これでかなり違うと思います。

期待値の高いポイントで勝負をかけてキチっと取れれば、あとは小さく負けてもありじゃないかなーと思ってます。甘いかな・・・^^;

こんばんは。
今日は寒かったです><
雪が降りました
ここでの冬は3度目ですが、忘れていた寒さを思い出しました。


先日の「私のトレード まとめ」の記事でいただいたご質問です。

実は私は朝から晩までとはいいませんが、朝から夕方前まで毎日チャートを見ているのですが(かれこれ半年位でしょうか)、一向に上達する気配がありません。

そこで質問なのですが、
wakaさんがチャートを見ていた時、何か気をつけていたポイントなどはありますか?

主に何分足を見られていましたか?
また同時に複数の時間足を見たりされてましたか?

毎日チャートを見ていても、自分の視点な何かポイントがずれているんじゃないかと最近不安になっています。^^;


特に気をつけていたというわけでもないのですが、常に次の動きを予想していたと思います。
そして記事にも書きましたが、ただ見ているだけではなく、実際にトレードしていると記憶の残り具合もいいようです。
私はポジポジ病だったので、取引を繰り返してはここがいけなかった、あれがいけなかったと反省してました。

一番良く見た時間足は5分です。同時に複数時間足は、モニターを増やしてからですね。
それまでは5分足を4~6通貨ペア+1分でした。

視点がずれているのかなと思うことは、とてもいいことだと思いますよ。
結果が出るまでは何かが間違っている、もしくは足りないのだと思いますから、常にそれが何かを追及する姿勢が成功につながると思います。

ただその答えは簡単には出ないんですよね。。
視点が違っていたり、時には経験(時間)が解決してくれたり、一人一人トレードが違いますから、解決方法もそれぞれです。

私の場合は、平日は時間の許す限りリアルタイムでチャートをみて、時には土日も朝から晩まで動かないチャートと反省会&次週の予想。
エントリーが悪いのかイグジットが悪いのか、あるいは精神面が弱いのか、いつも考えていました。
大負けした週末には、ノートでルールの見直しをしたり、新たな決意表明を書いてみたり(笑)
すると失敗の原因がいつも同じであることに気付きました。
気づいたからといってすぐ克服出来たわけではないですけど^^;

自分の失敗から学ぶこと。
失敗を繰り返さない努力を続けられれば、気づかずとも少しずつ前進していると思いますよ!

また、記事に対して専業トレーダーHさんから共感いただき、こんなメールをいただきました。

要は「感覚」だと思います。
いろいろな”場”を知って”クセ、シナリオ”が見える‥ですね。

ルールなんてものは無くて自然に
「stopをすぐいれる」
「疲れて来る前にお茶でもする」
ぐらいでしょうか?

自分自身にですが
エントリーについてプロ野球選手に例えています。
バッターはピッチャーから1秒で到達するボールを
「このフォームでなげられて、この速度で、この球筋だから
こうやって変化するな。だからバットのスイングは‥」
なんて事は体で覚えているはずです。
でなければ打てませんね(笑)

一番大事なことは
状態が万全でありたいために
更に安定継続のため
心身ともに健康であることだと考えています。
そしてやはりチャートを見て
感覚が錆びないようにする努力が必要だと思います。
そして努力は力を抜く事でしょうか?

今の自分を見ているとこんな感じです。


Hさんは一番に健康だとおっしゃっています。
私は健康について書いたことはなかったですけど、そう思います。
ポジションが気になり寝不足なんてやっていた時は、どう転んでも負けしかなかったと思います。。
健全な精神は健康な肉体に宿るですね。

またHさんもここまではイバラの道だったそうですから、努力なくして道は開かれませんね。
あとは、出口の見えない努力をどこまで続けられるか。
諦めてしまえば終わりですから。。。

頑張りましょう!


こんにちは。
今日は私のトレードのまとめをかいてみようと思います。
その前に、老眼の方に強い味方、右上の「大中小」ボタンを押すと文字の大きさを変えられます♪

さて、これまで私のトレード方法を何度か書いたことがありましたが、それらは文章やチャートで伝えられる部分だけで、本質的なことではなかったかもしれません。
自分でも自分のトレードを説明することは出来なかったですし、このことに気づいたのは最近でした。

きっかけは、あるセミナーでマット今井さんが言われていたことと、先日エリーさんと一緒にトレードした時でした。

Q.デイトレで勝てるか?

A.勝っている人もいる。が、皆その方法を口で説明することは出来ない。1年位毎日朝から晩までチャートを見てると、日に何度かここだというポイントがわかるようになる。そこだけトレードすること。問題は1年間朝から晩までチャートを見れるかですね。

マットさんは、この時ご自身のスタイルについて、テクニカルは使わない、ローソク足の形、値幅、スピードをみるとおっしゃっていまいした。

それを聞いた時、とっても恐れ多いですが、私がやってきたことは、こういうことだったのかと思ったんです。

それからしばらくして、エリーさんと一緒にトレードしました。
エリーさんから、どうしてMAにタッチしているのにここでは売らないの?なぜここでは入らないの?という質問を何回か受けました。

私のストレートな答えは、「見た感じイヤだから」「落ちなさそうな形だから」なのですが、それでは答えにならないので、どうして見た感じイヤになのかを考えると、安値が切り下がらなかったから、MAの角度が緩やかになってきたからなど、それなりの理由はあったのです。

でも、実際私がトレードしている時はそのような理由は考えず、ただ「上がりそうだから買う」「落ちそうだから売る」といった感覚的なもので、その感覚は、過去に見てきたチャートの記憶、潜在意識から来るものなんだと気づいたのです。

私はたまたまFXを始めたころから、ローソク足とMAでやっていますが、それがほかのテクニカルであっても同じだと思います。
例えばいつもMACDを使ってトレードしている人なら、ただクロスして売買するところから始まり、この角度では入らないとか、ローソク足がこうだったらクロス前に入るとか、テクニカル+自分の経験上のフィルターをかけられると思います。
結局使うテクニカルは何でもよく、勝ち負けを左右するのはこの経験からくるフィルターなのではないかと思います。

マットさんは、朝から晩までとおっしゃっていましたが、私は限られた時間だけでも可能ではないかと思います。
時間帯により値動きには多少のクセがあるので、東京時間だけ、NY時間だけなどいつも同じ時間帯に見ることが大事ではないかと思います。
そして、ただ見るのではなく、常に予想しながら考えながら見ること。一番いいのは実際に参加すること。1000通貨でも自分のお金でトレードすることで、記憶に残り易いと思います。

私はチャートを見ることに苦労は感じませんでしたが、長時間チャートを見るのは耐えられないという方は、もちろん無理してやることはないと思います。これは一つのやり方であり、他にも方法は沢山あると思います。

それから、チャートをみて、ある程度自分のポイントが見えるようになってきても、それを実際のトレードに生かせるかどうかはまた別だと思います。
私はこの時点ではまだ負けていました。ここからやってきたことはこれまでの記事に書いたような、トレードプランを立てることやメンタル面など基本的なことです。
私にとってはここが一番長い道のりでした。
掴んだかなと思えば相場に蹴落とされる、それを何十回も繰り返し、勝てるようになったかもなんて甘い期待は抱かなくなった頃、ようやく残高が増えていきました。

とにかく、反省すること、素直になること、諦めないことです。
どれも私の苦手分野ですが。。汗

この方法が駄目だったから今度はあれなど、あちこち手を出していつも勝てる手法を探していはいませんか?私もそうでした。
色々試してみることはもちろん重要なのですが、何度それを繰り返しても、あまり前進していないなら、それは聖杯探しなのかもしれません。
ある一つの方法をみても、勝っている人と負けている人がいる。ということは、勝ち負けは方法ではなくその使い手にあるのかもしれません。
どの方法を選んでも楽に儲かる道はありません。どこかで腰を据えて、自分の苦手としている部分と向き合うしかないのだと思います。

長くなりましたのでこのへんで。

ここ1ヶ月位、ボラも高いですし、かなりスピードのある相場が続いていますね。
こんな時は手を出さないというのもいいと思いますが、コツを掴めばチャンスも沢山あると思います。

こういう相場で、私がエントリー時に気をつけていることを書いてみます。

まず、1にも2にも3にも焦らないことです。

今朝のユーロ円1分足で見てみると

無題2

赤○の辺り、勢いのある下げです。
私のルールでは、こういった下落中は入らないようにしています。
理由は、大きく取れる時もあるけど勝率が低いことと、損切りまでの幅が大きくなるからです。

だいたい大きく負けるのはこういうところでのエントリーです。
スピードがあるので下げ止まった時の反発も大きく、ヤバイと切ったところから下げ始める・・・
すると取り損ねた気持ちになり、また下落途中でエントリーと、同じパターンを繰り返すハメになります。

下げ相場でショートしかエントリーしていないのに負けてしまう。
そんな時は、こういうパターンが多いかもしれません。

どんなにグイグイ下げてても、必ず反発や戻りがあります。
まずは焦らず戻りを待つこと。
青○でエントリー出来れば理想的ですが、毎回完璧はありません。
黄○やもっと違った戻りでエントリーしてしまうこともありますが、戻りでのエントリーであれば、損切りは狭くできます。
すると、次の戻り次の戻りと冷静にエントリーポイントを見ることができます。

結果的に赤○で入っていたほうが大きく取れてたってこともよくありますが、負けた時の二次被害を考えると見送る(待つ)ほうが懸命だと思います。

私のエントリーのリズムは、

赤○を見たら、エントリーポイントが近づいているサイン
下げ止まったら、どの辺りで入るか計画をたてる
自分のタイミングと値動きが合えば、戻りの山っぽいところでエントリー

という感じです。(すみません、感覚なので上手く説明出来ない。。)

とにかく焦らないこと、また焦るようなメンタルをつくらないことだと思います。
納得のいかない負け方をするとどうしても焦るので、そういう勝負には入らないこと。
そこでの取りこぼしは諦める、という割り切りが、良いメンタルを保つ秘訣かなと思います。


今日のつぶやき(笑)
「全部取ろうと欲張るな。焦らずリスクの少ないエントリーポイントを待とう。」

おはようございます。

昨日の1日20pは3-1で+16pipsでした。
なかなか目標に追いつけない状態が続いていますが、焦らずいきます。
大波狙いでも少し仕込みましたが、NY午後の下げで建値決済になりました。。
また、106円前半がサポートされれば買ってみようかと思っています。
でも、大波ねらいより確実に利食いしたほうがいいかもしれませんね。

さて、最近ネタがなかったので、私の好きなスキャル(短期)パターンを紹介します。

まず先日のドル円5分足です。

23.gif


W(ダブリュー)をねらえです(笑)
短期トレンドは下向きでABCの3つのWを書いてみました。
それぞれエントリーポイントはWの真ん中の山です。
わかり難いですね。。ちょっと拡大。

26.gif


水色の○がそれぞれのエントリーで、ピンクが決済です。
BのWで説明しますと、まず①のところでそれまでの黄色のサポートラインを下抜けました。
そしてBまで戻ったところでエントリーです。
私がこの時戻りの目安として考えるのが、MA21(赤線)と黄色のサポートラインです。
サポートは下抜けると同じラインが今度はレジスタンスとして機能する事が多いです。

ですので、大体この辺りまで戻ればショートしようと構えていて
あとは、値動きの勢いなどを見ながらエントリーします。
エントリー後、更に戻るような事があれば、一旦損切りします。
もしくはすぐ上にストップを入れてます。

手仕舞いはWの2番底辺りを狙います。
Wにならず、そのまま落ちていけば保有する事もありますが(それは後程)
今回はスキャルなので、そこで決済です。
下抜けるにしても、一旦そこで止まる事が多いです。

このパターンは、私が一番得意なスキャルパターンです。
サポートを下抜けた時(①を下抜いた時)など、最初の下落で追随する時もありますが、こちらの戻りを待って売るほうが断然勝率はいいです。

コツというか気をつけていることは、焦らない事です。
この辺りまで戻したら入ろうと決めておいて、そこまで来なければ諦める位で構えていると失敗が減ると思います。
見切り発車でエントリーしてしまうと、方向が合っていてもドローダウンで弱気になり建値で決済か、我慢出来てもエントリーが悪いので薄利になってしまう事が多いです。

27.gif


それとさっき少し書いた、スキャルではなく今回の波に乗ろうと思って入る場合は、AもしくはBでエントリー、手仕舞いはCのWが上抜けた地点(赤○)で考えます。

スキャルで小さく取るか、波に出来るだけ乗るかは、エントリー前に時間足などをみて決めます。
トレンドが発生して初期の段階、尚且つ長めの時間足で見ても大きく狙えそうな時は保有。
逆張りであったり、トレンドの2派3派なら小さく取るという感じで考えてます。

それと、実際の値動きとスピードを一番重視しています。
上のような形になっても、レンジ内の小さな動きであったり値幅、スピードがない、商いが薄い時はやらないようにしています。
また逆に急落の時などは、5分足のMA21には全くタッチしないので、戻りの値幅とスピードを見てエントリーします。
*実際のエントリー手仕舞いには1分足を使ってます。

いずれの場合もとにかく焦らないで、他の参加者の心理を考えるようにしています。
ここまで戻ったら買う人いないでしょとか、ここまで落ちれば皆利食いしたいでしょとか。。

こういった短期(スキャル)は、ある程度経験(練習)が必要かもしれません。
同じような値動きを何度も見る事によって、パターンが読めるようになる気がするのですが・・・(違うかな?)

うーーん、書いて説明するのって難しいです。
口で言ったら3分なんですけどね。。。

コメントのところにも書きましたが、私のポン円短期トレードについて書いてみたいと思います。(利益を上げた後で調子に乗ってます。お見逃しを。。)
決済まで1時間位かかることもあるので、スキャルピングではなく、あえて短期トレードとしてみました。

円高相場でボラの高い時がチャンスなので、ショートを基準に書きます。

まずポン円のレートは、ドル円×ポンドルの価格で決まります。
日本時間はポン円とドル円のチャートだけでもいいのですが、欧州NY勢はポン円という通貨ペアを殆ど取引しないので、その時間からはポンドルのチャートも見ながら取引しています。
今のような円主導の相場ではポンドルはあまり意識しなくてもいいかもしれませんが、ユーロドル、ポンドルが相場を引っ張っている時は無視できません。(その時は素直にポンドルをやったほうがいいですけど。。)
ちなみに、チャートは5分足をメインにエントリーやクローズ時は1分も使っています。


一番確実で大きく取れるのは、ドル円のサポート割れと安値更新の追随だと思います。
今回の相場でいうなら、ドル円117円前半や115円割れをした瞬間にポン円を売るという感じです。(ポイントはもっとたくさんあります)
手仕舞いも同じく、ドル円がサポートや節目の価格まで下落して、下げ止まればクローズします。
そこで大きく戻れば(今なら1円以上)、第2派を狙って再びショートします。ポジションを取った後さらに戻るようなら即切って、次の上げ止まりを待って再びショートです。
第2派はが安値を更新しないようなら、下げ止まったところでクローズすることが多いですけど、まだ下げると思えば持っていることもあります。
この場合戻り高値のすぐ上にストップをおきます。

また、大きく下げた時の反転狙いのロングもします。
これは落ちるスピードと落ちた値幅、サポートなどを見て、戻ると思えばロングエントリーです。こちらも安値のすぐ下に必ずストップを入れます。上手くいけば戻りの足が止まったところですぐ決済です。

どちらの場合もスピードと値幅を特に気にしています。
一気に下落すれば、上でショートしていた人も一旦買い戻したいでしょうから、そういった心理をいつも考えています。

感覚的なところも多く上手く伝えられないのですが、やはり経験に基づいてというところが大きいです。
始めのころは、サポート割れの波には乗れても、一日トレードしていたら最後はマイナスなんてことも多々ありました。
そこから得たものを自分用にも書いてみます。

・欲張り過ぎないこと
  必ず戻すところがあるので落ち続けるかもという期待は捨て、きちんと利食いする。

・利食いを急ぎすぎないこと
  上のと反していますが、リスクを取ってエントリーしているのだから、取れる時に取らなければ最後はマイナス。

・すべてのチャンスを取ろうと思わないこと
  これには2つの意味があって、一つはうまく波に乗れた後は、次も取ろうと勇み足になりがちですが、次のチャンスまでは意外と時間がかかる。間にもみあいが入ることもあるので、焦らずチャンスを見極める。
  もう一つは、狙っていたチャンスで上手く入れず、相場が思っていた方向に動き出してしまっても、その時は諦める。(第1波なら値幅や戻りをみて入ります)動き出した後だとストップの幅が大きくなり、利幅が小さくなるので、効率が悪い。チャンスはいくらでもあります。

こんな感じでしょうか。
また思い出した事、気づいた事があれば書き足していきたいと思います。

それと、これはもちろんドル円でも出来ます。
ドル円の方が値動きが読みやすいく安定しているので、始めはドル円でやってみるのもいいかもしれません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。