FXで豪邸は目指さず(笑)、う~んどこへ行こう。思いついたことをつぶやきます。

2008/101234567891011121314151617181920212223242526272829302008/12

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちは。
唐突ですが、老眼予防トレーニングです。

→ こちら

以前ご紹介しようと思って忘れていました。
やってみると、眼の筋肉を使ってる感じがあり効きそうです。
「予防」となってますが・・・これ以上進行しないように続けてみます

今日はアメリカが休場ですね。今週はもうあまり期待できないかな。
昨日はどこかで円安になるかなと見ていましたが、キタと思っても後が続かない。
とにかく上値が重いですね。もう皆さん手控えムードなのでしょうか。
NYは相変わらず動いてますが。

ユーロドル日足

無題1

日足MA21を越えて、一旦底ついたかなという風に見えます。
ただ昨日、前日の高値を更新出来ず、ジリ下げで終わっているのが気になりますが。
私はこのレベルで買うのはイヤですが、売りは休憩、1.25~1.26の押しがあれば買ってもいいかなと思ってます。

ユーロドルが戻れば、ユーロ円も戻しそうですが、ドル円をどうしても買う気になれないのでこちらは様子見です。

どちらにしても、あまり無理して入る相場ではないかもしれませんね。



スポンサーサイト
こんにちは。
相変らず、夜中(NYタイム)に動く展開が続いていますね。
朝起きてびっくり東京で行ってこいで、方向が読み難いです。

先月までは、流れに乗ったら値幅を大きく狙うトレードがメインでしたが
最近は、欲張らず決済を心がけて参加しています。

ドル円は高値が切り下がって来ていますが、下も堅そうです。
90円を割るには何か大きな材料が必要でしょうし、90円台後半では売りが多そうです。

ということで、90円台のレンジと考え、戻り売りでいこうと思ってます。

もし100円台に乗せることがあっても絶好の売り場かな。
90円割れは、、、どうなるか想像つきませんね。

11月も残り1週間、今年の年末はどんな相場になるのでしょうか。

こんばんは。
今日は寒かったです><
雪が降りました
ここでの冬は3度目ですが、忘れていた寒さを思い出しました。


先日の「私のトレード まとめ」の記事でいただいたご質問です。

実は私は朝から晩までとはいいませんが、朝から夕方前まで毎日チャートを見ているのですが(かれこれ半年位でしょうか)、一向に上達する気配がありません。

そこで質問なのですが、
wakaさんがチャートを見ていた時、何か気をつけていたポイントなどはありますか?

主に何分足を見られていましたか?
また同時に複数の時間足を見たりされてましたか?

毎日チャートを見ていても、自分の視点な何かポイントがずれているんじゃないかと最近不安になっています。^^;


特に気をつけていたというわけでもないのですが、常に次の動きを予想していたと思います。
そして記事にも書きましたが、ただ見ているだけではなく、実際にトレードしていると記憶の残り具合もいいようです。
私はポジポジ病だったので、取引を繰り返してはここがいけなかった、あれがいけなかったと反省してました。

一番良く見た時間足は5分です。同時に複数時間足は、モニターを増やしてからですね。
それまでは5分足を4~6通貨ペア+1分でした。

視点がずれているのかなと思うことは、とてもいいことだと思いますよ。
結果が出るまでは何かが間違っている、もしくは足りないのだと思いますから、常にそれが何かを追及する姿勢が成功につながると思います。

ただその答えは簡単には出ないんですよね。。
視点が違っていたり、時には経験(時間)が解決してくれたり、一人一人トレードが違いますから、解決方法もそれぞれです。

私の場合は、平日は時間の許す限りリアルタイムでチャートをみて、時には土日も朝から晩まで動かないチャートと反省会&次週の予想。
エントリーが悪いのかイグジットが悪いのか、あるいは精神面が弱いのか、いつも考えていました。
大負けした週末には、ノートでルールの見直しをしたり、新たな決意表明を書いてみたり(笑)
すると失敗の原因がいつも同じであることに気付きました。
気づいたからといってすぐ克服出来たわけではないですけど^^;

自分の失敗から学ぶこと。
失敗を繰り返さない努力を続けられれば、気づかずとも少しずつ前進していると思いますよ!

また、記事に対して専業トレーダーHさんから共感いただき、こんなメールをいただきました。

要は「感覚」だと思います。
いろいろな”場”を知って”クセ、シナリオ”が見える‥ですね。

ルールなんてものは無くて自然に
「stopをすぐいれる」
「疲れて来る前にお茶でもする」
ぐらいでしょうか?

自分自身にですが
エントリーについてプロ野球選手に例えています。
バッターはピッチャーから1秒で到達するボールを
「このフォームでなげられて、この速度で、この球筋だから
こうやって変化するな。だからバットのスイングは‥」
なんて事は体で覚えているはずです。
でなければ打てませんね(笑)

一番大事なことは
状態が万全でありたいために
更に安定継続のため
心身ともに健康であることだと考えています。
そしてやはりチャートを見て
感覚が錆びないようにする努力が必要だと思います。
そして努力は力を抜く事でしょうか?

今の自分を見ているとこんな感じです。


Hさんは一番に健康だとおっしゃっています。
私は健康について書いたことはなかったですけど、そう思います。
ポジションが気になり寝不足なんてやっていた時は、どう転んでも負けしかなかったと思います。。
健全な精神は健康な肉体に宿るですね。

またHさんもここまではイバラの道だったそうですから、努力なくして道は開かれませんね。
あとは、出口の見えない努力をどこまで続けられるか。
諦めてしまえば終わりですから。。。

頑張りましょう!


こんばんは。

相場少し変わりました?
2週間サボってたからかな。。

落ち始めたぞと思って売ると、もう終わり。
上げるかなと思って買っても、行ってこい。

要するにレンジってことでしょうか。
1日の値幅は結構あるんですけどね。
動いてるのは夜ですね。

今日などは、どこかで円安にいくかと思いきや、どんどん値幅収縮してるし。
戦意喪失した頃動き出すんですよね。
う~ん、我慢が足りん。

動かない相場で負けるのが私のパターンだから気をつけよっと。



今日のつぶやき

「絶好のトレードチャンスが到来するのを待てる忍耐力を持ちなさい」 byジム・ロジャーズ

こんにちは。
今日は私のトレードのまとめをかいてみようと思います。
その前に、老眼の方に強い味方、右上の「大中小」ボタンを押すと文字の大きさを変えられます♪

さて、これまで私のトレード方法を何度か書いたことがありましたが、それらは文章やチャートで伝えられる部分だけで、本質的なことではなかったかもしれません。
自分でも自分のトレードを説明することは出来なかったですし、このことに気づいたのは最近でした。

きっかけは、あるセミナーでマット今井さんが言われていたことと、先日エリーさんと一緒にトレードした時でした。

Q.デイトレで勝てるか?

A.勝っている人もいる。が、皆その方法を口で説明することは出来ない。1年位毎日朝から晩までチャートを見てると、日に何度かここだというポイントがわかるようになる。そこだけトレードすること。問題は1年間朝から晩までチャートを見れるかですね。

マットさんは、この時ご自身のスタイルについて、テクニカルは使わない、ローソク足の形、値幅、スピードをみるとおっしゃっていまいした。

それを聞いた時、とっても恐れ多いですが、私がやってきたことは、こういうことだったのかと思ったんです。

それからしばらくして、エリーさんと一緒にトレードしました。
エリーさんから、どうしてMAにタッチしているのにここでは売らないの?なぜここでは入らないの?という質問を何回か受けました。

私のストレートな答えは、「見た感じイヤだから」「落ちなさそうな形だから」なのですが、それでは答えにならないので、どうして見た感じイヤになのかを考えると、安値が切り下がらなかったから、MAの角度が緩やかになってきたからなど、それなりの理由はあったのです。

でも、実際私がトレードしている時はそのような理由は考えず、ただ「上がりそうだから買う」「落ちそうだから売る」といった感覚的なもので、その感覚は、過去に見てきたチャートの記憶、潜在意識から来るものなんだと気づいたのです。

私はたまたまFXを始めたころから、ローソク足とMAでやっていますが、それがほかのテクニカルであっても同じだと思います。
例えばいつもMACDを使ってトレードしている人なら、ただクロスして売買するところから始まり、この角度では入らないとか、ローソク足がこうだったらクロス前に入るとか、テクニカル+自分の経験上のフィルターをかけられると思います。
結局使うテクニカルは何でもよく、勝ち負けを左右するのはこの経験からくるフィルターなのではないかと思います。

マットさんは、朝から晩までとおっしゃっていましたが、私は限られた時間だけでも可能ではないかと思います。
時間帯により値動きには多少のクセがあるので、東京時間だけ、NY時間だけなどいつも同じ時間帯に見ることが大事ではないかと思います。
そして、ただ見るのではなく、常に予想しながら考えながら見ること。一番いいのは実際に参加すること。1000通貨でも自分のお金でトレードすることで、記憶に残り易いと思います。

私はチャートを見ることに苦労は感じませんでしたが、長時間チャートを見るのは耐えられないという方は、もちろん無理してやることはないと思います。これは一つのやり方であり、他にも方法は沢山あると思います。

それから、チャートをみて、ある程度自分のポイントが見えるようになってきても、それを実際のトレードに生かせるかどうかはまた別だと思います。
私はこの時点ではまだ負けていました。ここからやってきたことはこれまでの記事に書いたような、トレードプランを立てることやメンタル面など基本的なことです。
私にとってはここが一番長い道のりでした。
掴んだかなと思えば相場に蹴落とされる、それを何十回も繰り返し、勝てるようになったかもなんて甘い期待は抱かなくなった頃、ようやく残高が増えていきました。

とにかく、反省すること、素直になること、諦めないことです。
どれも私の苦手分野ですが。。汗

この方法が駄目だったから今度はあれなど、あちこち手を出していつも勝てる手法を探していはいませんか?私もそうでした。
色々試してみることはもちろん重要なのですが、何度それを繰り返しても、あまり前進していないなら、それは聖杯探しなのかもしれません。
ある一つの方法をみても、勝っている人と負けている人がいる。ということは、勝ち負けは方法ではなくその使い手にあるのかもしれません。
どの方法を選んでも楽に儲かる道はありません。どこかで腰を据えて、自分の苦手としている部分と向き合うしかないのだと思います。

長くなりましたのでこのへんで。

週末に帰国しました。
常夏の島から、0度の我が家へ。。。
ざぶいよおーー絵文字名を入力してください

気を取り直して写真です

最後はオアフ島に滞在しました
カイルアビーチ
真白なパウダーのような砂

P1010736_convert_2008111107462311.jpg


シュノーケルスポット、ハナウマベイ
でも潜ってみると透明度はイマイチだったような。。。
やっぱりあまり人の来ないところのほうがいいのかも

P1010723_convert_20081111072103.jpg


最後の夕日、ワイキキビーチ

P1010750_convert_20081111071958.jpg


今回の旅行では、ハワイでFXってどうなんだろというのもありました。
まずネット環境ですが、最初のホテルではホテルの有料高速回線(1日16ドル)を使いましたが、これが遅っっ
通信速度を調べると0.2M程度しか出ていませんでした。
MT4のチャートは問題ありませんでしたが、注文画面の切り替えが遅すぎて、スキャルは無理かなって感じでした。
例えば、新規でポジションを持ったあと、ストップ入れて決済画面に行くまで30秒以上はかかる。(外為オンラインとインヴァストを使いました)
デイトレなら問題ないかもしれませんが、先日のような荒い動きでは怖かったです。

コンドミニアムでは、コンセントさえあればどこでもネットにつながるモデムのような?ものをレンタルしたのですが、こちらは1.5Mの物でした。2.5Mもあるそうですが、在庫がなかった。
実際速度を調べたら0.4M位でしたが、これ位が最低限確保したいレベルでしょうか。
0.4でもサクサクとはいきませんでしたが、2.5Mを借りられれば問題ないかなという感じです。

次にトレード時間ですが、ハワイの朝の6時から夜10時が、日本時間の深夜1時から夕方5時になるので、ロンドンからNY午前の一番動く時間にベットの中ということになります。
ずっと日本時間でやってきたからかもしれませんが、これは本格的にハワイでFXとなると(妄想)どうかな~という感じでした。
トレードタイムだけを考えたら日本~少し西の国が、ベストかなという気がします。

いったい何しに行ったんだって感じですが、今回の旅行では、朝晩チャートを見て子供の昼寝の時間にトレードしたり、私にとってとても快適なペースで過ごすことができました。
また近いうちにどこぞの国のトレード環境を調べに行こうと思います。(ホントか)


オマケ画像

P1010505_convert_2008111107215511.jpg

メタボ幼児??


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。