FXで豪邸は目指さず(笑)、う~んどこへ行こう。思いついたことをつぶやきます。

2009/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312009/06

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちは。

ポン円が抜けてきましたね。

今週は抜けそうで抜けなくて
それどころか、グンと上げて叩かれ下落が続いたので
だめかと思っていましたが。。

この後ロンドンからどうですかね。
ポンドルは1.6手前で揉んでいます。

さて、お薦め本を見易く集計してみました。

お気に入り本一覧

まだ忘れているものもあるかもしれません。
思い出したり、良い本がみつかれば加えていきますね。
ブログ右側に置いておきますので、気の向いた時にチェックしてみてください^^

メンタル系ばかりですが、本質はだいたい同じだと思います。
気に入ったものを何度か読み返えすのもいいかもしれないですね。

ではでは


スポンサーサイト
こんばんは。
2回目の更新で頑張りすぎですが(笑)
ちょっとこれは書いておかねばと思いまして。。。

ストーリーの作り方がわからない、というコメントをいくつかいただきました。
チャートをたくさんみて、自分の相場観を磨くしかないかなって思いましたが
前回の西原さんの言葉で

>新人トレーダーは大きな流れの相場観ってまだあまりないんですよ。

てな言葉がありましたね!!
だから最初はスキャルやるって。。
自分で書いておきながらスルーしてます(大汗)

そうです。初心者の頃は相場観なんてありません。
あるのは値ごろ感のみだった(これも以前書いたか)

そこへ、シナリオ作って損小利大やれっていうのは
あまりにも乱暴でしたね。すみません><

考えてみたら私も最初から今のスタイルだったわけではありません。
勝てるようになった頃は、ポン円専門のスキャル~デイでした。
このブログを始めたころもそれに近かったと思います。

それから2年、相場が変わって壁にぶつかったり
ポジションサイズが変わってスタイルの見直しがあったり
そんなことをしながら今のスタイルになったんでしたっけ。。

ただ、損小利大を覚えたことで、トレードが数段進歩した?楽になったと感じています。
なので、スキャルで上手くいかない方には、ぜひ試していただきたいと思って書いたんですね^^;

ちょっと言葉足らずでした。すみません。

相場観があって、ストーリーが描ける。
ストーリーがあってトレードできる。

という流れが理想だと思うので、
普段、20~30の1波狙いのトレードを、損小利大だからとリミットを100にしてみるというのでは本末転倒かと思います。

30p取れそうだというシナリオでエントリーしたなら、そこでリカクでいいと思います。私もそうです。
で、これは取れそうだぞ、トレンドが出たぞってポイントが見えるようになったら、その時に利を伸ばしてみたらいいのではないかと思います。

利を伸ばすからとストップを広げる必要はないと思います。
スイングって言うと損切り幅も広いような気がしますけど、私は損切りはそのままでやってます。
それで勝率が下がってるのかもしれませんが。。。

損は小さく、利益は大きく狙えそうなところが一番の勝負どころですね。

まあ、これも昼間チャート見れない方だとある程度幅を取らないといけなかったり
人それぞれかもしれませんが。

ふーー なんだか一人相撲を取ったようだよわ。。

タイトルのストーリーを描く、にはあまり触れてませんが、それにはやっぱり経験が一番ではないかと思います。
とにかくチャートをみて、予想してみる。参加してみる。
プロの人や他の人はどうやって予想を立てているかみる。
そうするうちに自分の得意パターンが増えて、ストーリーが立てられるようになるのではないかなと。
常に相場観をもつ必要はないと思います。誰だってわからない時はあるハズ。
そんな時のために休むも相場って言葉があるんだと思うので。

まずは一つ、自分の得意パターンを見つけることからですね。

そんなことでまとめて(!)
一通りいただいたメールはご紹介しました。

明日からまた気ままな更新に戻るかと思います。
毎日更新することを体得?できてれば、まめに更新するかも(笑)

メールフォームは右側に残しておきますので、お付き合いくださる方は気軽にメールくださいね^^

ではでは おやすみなさい。


サンテさんより

サヤ取りの有効性について教えて欲しいですね~ ・。・
スプレッド分、最初に損するし、相関性が高いものや逆相関のものを組み合わせるからサヤを取るのに時間がかかると思うけど・・・  ・。・
こまめにサヤを取っていくのと、スイングで時間をかけて大きく取るのとどっちが効率的かな~?


たろちゃんさんより

FX始めて2年経ちました。
当初は、サブプライム問題で、大損しました。しかし、これは100年に一度と言われる、大暴落なので、初心者の私の負けは仕方ないと思って、トレードを続ける日々でした。ところが、最近になっても、なかなか勝てません。
そこで、いろいろなブログを参考に、スキャルに挑戦しています。ところがこれも5pipのストップとかだと、すぐにカットされ、うまくいきません。ドル円でスプ1銭の業者を利用しています。
実際スキャルは勝てるものなのでしょうか。
今後、このやり方を継続していこうか、悩んでいます。
何かよいアドバイスがありましたらお願いいます。



相関を使ったサヤ取りは、私はやったことがないので今回は助っ人を呼んでみました。
この方にスキャルについても聞いてみました。

相関を使ったサヤ抜きについて

相関性というのは為替市場ではほぼ存在しないんですよ。たとえばユーロ円というのは、ドル円×ユーロドルですよね。15年位前までは、ユーロ円が大きく動くとユーロドル×ドル円から動き出したレートとユーロ円のプライスに乖離が生じて、銀行のトレーダーがサヤ抜きをしたりしていたんですね。でもそんな原始的なトレードはコンピューターが得意ですよね。ゴールドマンとかヘッジファンドに働いてるロケットサイエンティストがそのゆがみを取るプログラムなんかはすぐ書いちゃうわけです。為替市場のボリュームはものすごい量で出会いながら上下するんですが、人間の目、つまり肉眼では追い切れないゆがみはそういうシステムがすぐ売買してサヤを抜かれるので、個人のトレーダーが相関性でさや取りをするのは不可能です。

スキャルについて

銀行の新人トレーダーは大きな流れの相場観ってまだあまりないんですよ。それでマーケットにはりついて20~30ポイントを顧客の注文をさばきながらやってるんですね。シニアトレーダーになるといわゆる proprietary trader といって、自分で相場観を持ってトレードする。例えば、今回のユーロドルレンジブレイクだと思って、1.42までポジションを保有する、1.37切ったらぶん投げる。長く生き残ってる人、儲けられる人は、こういうタイプの人しか僕はしらないです。
どちらかというとスキャルは相場観構築でやっていて、いかに大相場を取るかで勝負が決まるって感じですね。

(新人トレーダーのスキャルって?
例えば、生保がドル円を $100mio 僕に聞いてきます。94.10-15と答えると生保は僕に94.10で売ってきます。僕は94.10円で$100mio ロングになる。それを94.10以上でカバーできると儲かりますよね。カバーできなくて94.05で投げるとロス。これは相場観とは別でカバーリングですね。
カバーが上手い人でも、自分でポジション取ってみろっていわれるとヘタだったり、そんな天才肌じゃなくても自己裁量でやらせると上手い人もいます。)

スキャルで儲かるというのは、マスコミが作っている部分もあるのでは。FX会社はスカルパーがいないと儲からない。例えば、ドル円月に1回100円で売って月末に95円で買い戻すトレーダーが一番儲かるんですが、FX会社はそういう個人いらないでしょ?勝っても負けてもどたばたやって欲しいんですよね。

FX会社のお客さん、やられている人はちょこちょこやってどーんと負ける。
FXは勝ったり負けたりして、最後にいくら残すかというゲームなので、損切りのできない人が生き残れないというだけですね。

貴重なお話からちょっときわどい内容まで、ありがとうございました。
今回ご質問にお答えいただいた西原さんの相場観などは、毎日こちらで見られます。

西原宏一が導くFXスマートトレーディング
西原宏一の実践FXトレード


この後に、私の意見を書く必要もないかと思いますが^^;一応書きます。。
丁か半かの50%の博打であれば、やればやるだけスプレッド分損しますよね。
でもFXでは50%ではないポイントがあると思ってます。それが自分の得意パターンとか勝ちパターンとか言うところだと思うんですけど。そこだけやってれば負けない。それはスキャルでもスイングでも同じだと思います。でも私の場合それをスキャルで続けることは難しかったです。原因は自己規律の甘さだと思いますが。。

以下2007年に書いた記事ですが、コピーしますね。(ちょっと手直ししました)

スポーツでもそうですが、基本って凄く大事ですよね。スキーでもゴルフでも、自己流でやるのときちんと基礎を教わって始めるのでは上達のスピードが違うと思います。
それなのになぜ、トレードではそういう事を無視してしまったのだろうと、今は思います。
直接教わる事は難しくとも、トレードで成功された方々が書かれた本は沢山あります。10人いれば10通りの考え方があるとも言えますが、それでもある共通点、多くの方が口を揃えて言う事があると思うんです。トレードの方法で言うと、順張り、損切り、損小利大など。
それを無視して自己流を続けていた私は、成功者の方々が作った登山道を横目に、わざわざ険しい崖をよじ登っているのようなものです。

西原さんも、確かに感のいい天才肌のスカルパーもいると思う、と言っていました。
私も実際スキャルで勝っている人を知っています。

でも、私を含め一般の人は、天才トレーダーを目指すより、投資の王道をいくほうが勝てるようになる確率は高いのではないかと思います。私の考えですが。。

これを書きたいがために、こんなに長くなってしまった^^;

ホッシーさんより

「損小利大」わかっているのですが、結果はいつも「損小利小」で、
少しずつマイナスが発生し、塵も積もれば大きな損益となってしまってます。

おそらくメンタル面での改善が必要なのではないかと、
自分なりに分析はしているのですが、
具体的な思考(改善)方法がわからなく、悩んでおります。

良いアイデア、または同じような状況を乗り越えてきた経験が
おありでしたら、ご教授願えないでしょうか。



利小の部分ですが、最初の利食い目標値は利大になっていますか。
もし、利食いに対するストーリーやイメージが曖昧なままエントリーされているようでしたら、まずそこを明確されるといいと思います。

次に、ストーリーはできているけど、目標まで持てず利小になってしまう場合は、おっしゃる通り、メンタル面の問題だと思います。

①自分のルール通り(損小利大)トレードすれば、トータルプラスになるという自信をもつこと

  確信が必要です。デモなどで検証されるのが有効かと思います。

②頭で理解したことを、体で覚える作業

  利を伸ばす、利食いを我慢することを体で覚える。リアルで出来なければデモや枚数を減らして、まずは1度でも利大を成功させることだと思います。初めは心理的苦痛があると思いますが、2度3度成功させると体得に変わり、その後はメンタル面も楽になると思いますよ。


頭で理解したことを会得、体で覚えたことを体得といいます。
会得体得についてくわしくはこちら

スポーツではこれが必要だそうですが、トレードでも同じだと思います。
利益を伸ばす作業もそうですし、損切りについても、またドカン負けを防ぐにもこの体得が必要ではないかと。

人間の基本的心理は、損は出来るだけ確定せず、利益はすぐにでも確保したいと思うようです。なので、損小利大は普通の人にとっては苦痛を伴う作業なんですよね。
そのことと、多くの人がトレードで勝てないことは、無関係ではないような気がします。

まずは、体得の一歩を踏み出してみてください。

利益を伸ばす良いアイデアがあったらお願いします^^


こんにちは。

寝不足です(!!)
前回の記事があまりにタイムリーでバツが悪いんですけど。。。
昨日は、月に何度もない好きなパターンが来たので。。(言い訳^^;)

寝不足の原因はユーロドルなんですが
3月の高値が1.3740辺りにあり、先週もそこで抑えられました。
昨夜NY時間にブレイクして1.38台まで

ユーロドル日足

1030

フィボナッチの半値戻しとエクスパンションOPの重なる辺り(1.42手前)までは戻すかなと考えています。
私は多分そこまで持てませんけど。。

クロス円は、相場の流れがドル売りなので難しいですね。
ドル円は売りでいいのかもしれませんが
落ちても勢いがないですし、逆に戻す時の方が速いくらいで
ちょっと手出したくない感じです。

ポンドルも凄いですし、他ストレートのほうがわかりやすいですね。
流れが変わるまでは、ストップしっかり入れてついていくのがいいかなと思ってます。


頭がまわらないのでこの辺で
昼寝しないと(汗)

たまごーるさんより

はじめまして。FX半年の初心者です。
トレードに関しては、してはいけないことにはだいぶ気づいたのですが、得意パターンが確立できずにいます。現在、主婦業メインなので、幸か不幸か、チャートを長い間見ていられる環境にあります。
それで悩みなのですが、生活のリズムを崩しまくっていて、困っています。今は勉強と思い、しかたないと思っている部分もあるのですが、それでもエントリーのタイミングを待っている間に夜明かししてしまったり、挙句に失敗トレードになってしまったときなどは、すごくヘコみます。
子供がいるので、時間をうまく使ってトレードできる生活が目標なのですが、そんな日がくるのか心配になります。
相談がFXとちょっとズレているかもしれず、すみません。wakaさんはこんな悩みはありませんでしたか?また、生活で気をつけているコトなどありますか?


主婦トレーダー共通の悩みですよね。

私もたまごーるさんと同じように、夜中までチャートをみたり不規則な生活をしていました。
そんな私の経験から考えると、原因は焦りと欲からきていることが多いように思います。

損失を取り戻したい、早く勝てるようになりたい、チャンスを逃したくない、などなど

でも、こういう心理は、トレードに一番マイナスなんですよね。
なので、私は夜更かししてトレードしていた時は、ほぼ悪い結果でした。
それに気づいてからは夜更かしトレード=負け、と思って早く寝るようにしていますが。。

ある専業トレーダーさんは、トレードに一番大事なことは「健康」とおっしゃってました。
体だけでなく心身ともに健康であることは、大切だと思います。


昨日のリバモアの本でも、頑張り続けるしかないとありますが、まず続けないといけないんですよね。
そう考えると、あまり無理し過ぎると続かないのではないかなと。

トレードはマラソンと違って、走っている時はどこがゴールだかわかりません。
でも、競争ではないですし、時間制限もありません。
自分が続けられるようなマイペースを是非みつけてください^^

って、簡単に書いちゃいましたが、私も苦手な分野です。。
同じ主婦トレーダーさんのアドバイスお待ちしてます。


こんにちは。

今日は、遂に部屋の片づけをしました。
約1月ほど放置されていた、引っ越し段ボールの残り。

はあーーースッキリした!

ついでにトイレ掃除も念入りにしたので
今週のトレードは期待できるハズっ(笑)

そんなことでちょっと疲れてしまったので
今日は本の感想などを。

1030

「世紀の相場師ジェシー・リバモア」

以前から読んでみたいと思っていたのですが、絶版本で高額なプレミアムがついていて手が出ませんでした。
ふとアマゾンをみたら増刷されていたので、早速注文しました。

ジェシーリバモアについては、「株で大きな富を築くも4度の破産を繰り返し、晩年自殺する。」
この印象が強く、ギャンブル的投資家なのだろうかと思っていましたが、全く違いました。

この本は投資本ではなく伝記なのですが、故に相場に人生を捧げたリバモアの哲学、本質が見えるような気がします。

心に沁みた部分を転載します。

・株価が変動する姿にのみ意識を集中させよ。変動の理由に気を取られるな。

・金は後からついてくる。金を目指しても勝利は得られない、正しい判断を得られて初めて勝利を手に出来る。

・身銭を投じて、自分の手口を注視し、失敗から教訓を得ることだ。

・相場師が成功を収めるための闘いは、心理的戦いであって知力の戦いではない。

・期待をして待つのは博打であり、忍耐強く待ち、シグナルを見いだした瞬間反応するのが投資・投機である。

・本当に大儲けできるのは、相場が大きく動くときだと固く信じていた。

・成功というものは失敗と同様、人を破滅に追い込む破壊的力を秘めている。

・経験ほどすぐれた教師はほかにない。(相場師には、観察力、記憶力、経験が必要)

・ミスは死と同じでどんなに頑張っても避けることはできない。(早々に損切ること)

・どうすれば株で儲けられるかという質問は、どうすれば脳外科手術で金儲けできるか、どうすれば殺人犯の弁護で金儲けできるかと医者や弁護士に聞くのと同じことだ。

・相場で成功しようと思ったら、ひたすら精励することだ。努力し、頑張り続けるしかないと言ってよい。


babajiさんより

ひとつ悩みがあります。ロスカットを動かすタイミングが分かりません。
私はトレンド中の押し目などを狙っていくのですが、当然エントリーが早すぎる場合もありますその時でも5-10pips程利益が出てまた戻りしながら動いていきますが、利食いポイントを50pipsとして損切りを-30pipsとしますと10pipsぐらい利益が出るとどうしてもプラマイゼロラインにロスカット動かします。すると戻りで刈られます。その後50pipsまで行く場合もあれば-30pipsまで行く時もあります
一応ロスカットラインは考えて設定しているのですが、こういう場合動かすのはダメなのでしょうか?動かすと損しないのですが8割ぐらいプラマイゼロで刈られ、一気にロスカットの時は損確実なのでなんだかスプレッドを上納しているだけのように思えてしまいます。何か参考意見がございましたら、ご指導ご鞭撻の程よろしくおねがいします


先に、私のやり方をご紹介しますね。
時間軸は気にしないでください。
チャートの形で説明しやすいものを選びました。

1029

赤丸のどこかでロングエントリーしたら、その下のラインにストップを置きます。
次に順調に推移して黄○のように下値を切り上げたらストップを動かしていきます。

毎回こんなにキレイにはいきませんが、イメージとしてはこんな感じです。
戦略にもよりますが、5分~1時間足の形をみて、トレンドライン、MA21なども考慮しつつストップ位置を決めています。

babajiさんのご質問は、この最初の黄○を形成する前でも、利が乗ったら建値にストップを動かすかどうかということですよね。

私は動かさないです。

理由は、

エントリーする時に、赤○が押し目になるだろうというシナリオを考えて、エントリーします。
でも赤○を下抜けたら、もっと下押しする可能性があるという理由で、その下にストップを設定します。
その後、予想通り上昇している間は、最初に考えたシナリオが崩れておらず、ストップを切り上げる理由がないからです。

また、babajiさんはストップ30と書かれていたので、もし最初のストップラインが赤○付近の安値(下ヒゲ)よりだいぶ離れているなら、利が乗った時にストップを下ヒゲのすぐ下まで上げるというようなことはやります。
(わ、わかり難いですね^^;)

いずれにしても、あくまで私の場合という程度で参考にしてください。
スキャルや1トレンドを取りに行くような場合はまた違うのかもしれません。

実際、babajiさんのように、利が乗ったらすぐに建値ストップにして勝っている方も知っています。
その方もやはり、建値ストップ率がかなり高いと言っていました。

まず、どちらのほうが優位性が高いか検証されてみてはいかがでしょう。
トレードスタイルはそれぞれなので、ご本人にしかわからない部分でもあると思います。

そしてどちらも優位性が保てるなら、自分に合っている、納得できる方法を選べばいいのかなと思います。


昨日、メールを書いていてふと気づいたこと

「欲に負けない自制心を持つこと」

これまでに何度か書きました。

FXで勝つために
自己規律は当然必要です。

でも自分を振り返ってみて
自制心が欲に勝ったのか?

・・・・・・

恐怖心が欲より勝ったのです。

昨日ドカン負けについてまた考えていたんです。

ドカンってやる時、イキナリではないですよね。
前兆があります。

連勝が途切れてちょっと負ける
取り戻そうと焦り自分のスタイルが崩れ更に負ける
ヤバイ雰囲気を感じつつも取り戻したい一心で参加 損失膨れる
最後はやぶれかぶれになって全部失う

何十回もやりました。
もう回数は覚えてません^^;

何度やっても懲りない私が どこで変わったのか

恐怖心です。

本当の恐怖を経験して、このやぶれかぶれの気持ちがなくなりました。

なくなる・・・・というか
もういいやーーってなった時
その先にあったあの恐怖を思い出して
とてもとても、もういいやーとは思えなくなります。。

やぶれかぶれの気持ちも欲から来てるので
じゃ、ここでやめときます。なんて簡単にはいきません。

熱くなった欲望の塊 VS 死をも感じさせる恐怖心

激闘です(笑)

恐怖心によって自制心を助けてもらい
なんとかドカン負けを切り抜けられるようになって

熱くなってトレードを続けることは、自分にマイナスだということが
頭で理解してる会得の状態から体得に変わったのだと思います。
(会得、体得についてはこちら

ちなみに、体得になれば激闘はなくなります。
ずっと激闘じゃ体もたないですもんね^^;

じゃあ、その恐怖をまだ体験していない人は?

今後、経験する可能性はありますよね。
でもわかっててそんな目に合いたい人なんていません。

そんな方は・・・

欲に負けない自制心を持ってください(!)

あれ、元にもどっちゃった。
予期せぬ展開。。(ホントに)

ま、いっか

こんな感じでどうでしょう

欲望 < 自制心 + 恐怖心


おはようございます。
ドル売りが続いていますね。

ユーロドル日足

1028

今朝、3月の高値付近まできました。
ここを抜ければ、エクスパンション1.42辺りが目標か。

ドル円も日足でヘッドアンドショルダーを形成するかどうかというところです。
ドル円売り、ユロドル買いの流れですが、今は節目にきてますね。

私はユロドルをロング中ですが、半分利食いました。
ブレイクしてきたら増し玉しようかなと思ってます。


今日は、法人化についてです。

コロさんより

おかげ様で、やっと収益が安定し、自分のトレードスタイルも固まってきたかなと思える昨今ですが、そうなると気になるのは、やはり税金のことです。

ほぼ専業トレーダーのようになっていますので、個人事業主&青色申告で行こうとも思ったのですが、これも色々と難しいようですね・・・(ちなみに店頭業者を使っています)

wakaさんの取引量からいってもかなりのヴォリュームだと思うのですが、会社でも設立されてやっておられるのでしょうか。できれば、どうされているのか教えてください。宜しく、お願いします。


私の話は参考にならないかもしれません。
以前、法人化の記事を書いたんですけど、実は未だに白色申告なんです。
完全に個人ですね。

理由は・・

税制改正があれば、店頭取引も20%になるのではないかと期待している。
(20%になれば、他に事業をしていない私には法人の意味がないので、解散になる)

税務の手間や、税務調査などで煩わしい思いをするのが嫌。
(法人化したら数年に一度、税務調査が入る。個人でも入る時は入りますが・・)

などです。

過去何度か税理士さんと相談して、税金面だけみたら私の場合法人化が有利であることは間違いないようです。
税理士さんはしきりに法人化を勧めています。(その方が税理士さんも儲かるしね^^;)

後は考え方次第ではないですかね。
年収や事業形態、役員報酬の問題など、ケースバイケースの部分が多いので、一度税理士さんにご相談されるといいかもしれませんね。

私も未だにやっぱり法人化?と悩んだりします。
別の事業と組み合わせられればやろうと思ってますが。

ちなみに白色ですが、経費はしっかり落としてますよ。

PC関係
プロバイダー(9割)
携帯(半分)
勉強会での食事代、交通費、宿泊費。
セミナー代、書籍代
電気代(今年からPC使用分程度落とそうと思ってる)
今回の机^^
など、大した金額にはなりませんが。。

法人化しても家賃が少し落とせるくらいで、経費面で私はあまり変わりませんね。。
ちょっとした食事もつけちゃえーってやればチリツモかもしれないですけど
うちは旦那(経理担当)が、生真面目なので出来ません^^;(当たり前?)

私も専業の方、どうされているのか聞いてみたいです。
ぜひぜひ、教えてくださーい!


ピエゾさんより

FX初心者です。よろしくお願いします。
ところで、WAKAさんの書かれた「私のトレード法」で

1.時間足でダブルトップ・・・。
2.時間足でMA21の向き・・・。
3.日足が下げそう。

と言うところがありましたが、それではなかなかエントリーできないのではないですか?
また、「エントリーのリズム」で書かれているポイントですが、例えばチャートに示されている2番目の緑の丸からPCを立ち上げてチャートを見たとすると、まだ下降するのか、あるいわ反転するのかと言うのはある程度21MAなどからまだ下降するのではと感じるのですが、私はその時点からエントリーするのが遅いのでは(すぐに反転するのではなど)などと迷っていて、エントリーするのを逸してしまうことが多いのです。
このような時、WAKAさんはまだ、下降すると言う判断をどこをチェックしていますか?
また、その後の流れをどのように読まれますか?



上記3つの目安を書いたのは、こちらの記事なんですけど
この3つのルールは、トレンドに逆らった逆張り・反転を狙った時のものです。

ちょうどこの記事を書いた時、数日間ポンド円が上昇していました。
そこで売りで入って負けてしまうというコメントにあてて、上昇トレンド時に売りで入る場合は、こんな条件がそろってからという意味で書きました。

普段、この条件が揃うまでエントリーしないわけではありません^^;
順張りならもっとたくさんチャンスありますね。

チャートを立ち上げてすぐは、私もエントリーしません。
トレンドが出ていても、そこまでの値動きを見ていないと判断材料がないですね。。

まだ下げるかどうかの判断は、値幅とスピード、値動きをみて判断しています。
経験からくる感覚・・・になってしまうので説明できないんですけど。
あえて説明するなら、MA21との乖離でしょうか。
ここでのチャートは1分ですが、乖離は5分足で見ることが多いです。

あとは、1時間足や日足でのサポートや節目、フィボナッチエクスパンションなどでも目標値を見ています。

それから、この時の画像は1分足で、青○が3回ありますね。
だいたい3派で一息っていうのも、自分の中のリズムであります。

例えば、1分足で3派ストンストンと落ちたら、5分足のMA21まで一旦戻りつつ休憩。
勢いの弱いスピードの遅い相場では、5分で3派の後15分のMAまで戻すとか。
これも感覚なので、お伝えするのが難しいです。。

いずれにしても、よくわからない時、自信のない時は、様子見みでいいと思いますよ^^


kayoさんより

今までたくさんの有効な手法をまねようと一生懸命でした。

でも、今までわずかでも利益をあげていたのに、他人の手法をまねしようとすると損を重ねるようになりました。

イチローのまねをしてもイチローにはなれないと気付くのにずいぶん苦しみました。
でも、やっぱり神業のようなトレードには今でもすごく憧れます。
他人のトレードと自分のトレードを比べて少しへこんでメンタルに悪い影響を与えてしまったことはありませんか?

今はやっと自分は自分のトレードしかできないと気付きましたが、やっぱりときどきスーパートレードをまねしたくて、つまずいてしまうときがあります。

wakaさんのトレードがうまくいっていないとき、そいうものによけいに邪魔をされたことありませんか?

私って小さすぎでしょうか?(汗)


それから、あと、どうしても利益をのばすことができません。
自分なりに決済はここだというポイントをきめていても、ついリカクしてしまいます。

どうすれば、利益が減るのを見たくない、少しでも早く今目の前の利益を確保したいという気持ちをおさえて冷静な目で値動きを見れるのでしょうか?

私はチャートを見て分析をするのが大好きですが、いざポジションをもつと頭がうまく働きません。
1000通貨のときは冷静な判断ができるんですけど、、、



私も人真似たくさんしました。
最近誤解されている方もいるようなんですけど、商材もたくさん買いましたし、有料配信も色々試しました。
いつも、正しい方向に努力しろなんて偉そうなこと言ってるのに。。。^^;
でも、自分でやってみないと納得できないですし、これも必要な過程ですよね。

他の人のトレードと比べる・・・ありますね。
比べるというか、やはり良いものはマネたくなりますよね。

人のトレードってなぜか簡単に勝っているように見えませんか?私だけ??
その人は、そのトレード法を自分のもにするまでに、とても努力と苦労をされたハズ。
でも成功している今の姿からは、その後ろにあるものが見えないんですよね。

で、やってみると気づきますね。
真似するにも、同じだけの時間と努力が必要だって。

へこんで真似してメンタル崩して・・・いいんじゃないでしょうか。
それで気づけば次に進めます。
やっぱり自分は自分だって。

利益をのばすについては、前の記事やコメントでも少し書いているので読んでみてください。

>どうすれば、利益が減るのを見たくない、少しでも早く今目の前の利益を確保したいという気持ちをおさえて冷静な目で値動きを見れるのでしょうか?

私はいつも、先の値動きを頭でシュミレーションしています。
50pips以上の値幅を目標としている場合、一直線に目標達成することは少ないですよね。
チャートはジグザグ波を作っていきますから、ここから20pips戻すだろうなど、含み益が減る状況も頭でイメージするようにしていました。

実践的な方法としては、利食いを分けてみてはどうでしょう?
利食いしたくなったら半分なり一部なりとりあえず決済する。

で、戻してきたらその分のポジションを入り直すぐらいの気持ちでいる。
実際はポジションは建てなくてもいいと思います。
大きく戻ったらもうワンチャンス勝負!くらいの気持ちでいると楽かもしれません。

決済ボタンをポチっと押す前に、これでいいのか自問自答してみてください。
納得出来るなら手前でも何でもOKだと思いますよ。

1026

じゃじゃん。
トレード机、新調しました!

オカムラのプロステージです。
L型ではなく120℃なので、モニター並べても見やすいんです。
20インチのもので5枚置けます。

定価なんと16万円!!!
を、中古オフィス家具のお店で2万5千円で買いました。

中古オフィス家具いいですよ~ 
中には新品もありますし。

オークションでも安く買えます。
120℃型はあまり見かけないけど。

デザインより実用面という方はぜひ。

並べたところはこんな感じ(奥にもう1枚置けます)

1027


やすさんより

今スキャルでトレードしています。
スキャルの理由は、ポジションをもっている時間が長いと不安だからです。長くて20分くらいが限度です。運が良いときは利益がでますが、それ以外はストップによくひっかかり、損失が重なって、利益の数倍に損失が膨れ上がっていることがあります。
ストップにかかった後、思っていたとおりにレートが上がったり下がったりして、結局ポジションをもっていたら勝っていた、ということが多々あります。かといってストップの幅を広げると損失が大きくなると思い、すぐにロスカットしてしまいます。
現在70万ほどの損失。現在5万円しかありません。
いつも3~5枚賭けしています。
まずはどのようなことに注意していけばよいか、アドバイスを頂戴できるとうれしいです。


ポジションを持っている時間が不安というのは、ちょうど前の記事と重なるかもしれませんね。
気持の上で損失の許容が出来ていないからかもしれません。
ポジションサイズが大き過ぎる場合も。

ストップにかかった後のケースも2つ前のアドバイスはどうでしょう?
エントリーが速いのでは?もしくはストップを広げてリミットも伸ばすというところです。

でも基本的に損切りした後に値が戻るということは、どうしても避けられないと思います。
すぐ戻るかしばらくしてから戻るかの違いはあるかもしれませんが。。
エントリーのタイミングでもう少し改善できるかもしれませんね。

私は、ストップ刈りでぴょこっと刈られた場合など、ストーリーが崩れていないなら入りなおせばいいやっていうスタンスでやっています。スプレッドや多少の損切りは大きく負けないための経費と思って諦めです^^;

>まずはどのようなことに注意していけばよいか

聞きたいことと違うかもしれませんが、なるべく小さくロットでやることだと思います。
諦めなければ誰でもチャンスはあると思いますが、勝てるようになるには下積み?が必要です。

FXや投資をするからには、損すると思って始める人はいませんよね。
でも実際は、スポーツ選手や料理人、他のどんな職業でもいいんですけど
それらと同じように、経験や下積みが欠かせないと思うんです。

勝ててない今、自分が下積みの授業料を払う立場であることは明らかです。
よし今度こそと気持ちを入れ替えて見ても、下積みから急にプロにはなれないと思います。
客観的に自分の力を計れるものは、口座残高だけです。
(すみません、偉そうに)

焦らなくても、利益が出せるようになったら、残高は雪だるま式に増えると思いますよ。
まずは、その時が来るまで資金が底を尽きないようにすることじゃないかなと思います。

的を得た具体的なアドバイスなどは、コメントに期待してみます^^;

yukiさんより

聖杯がないことも、100%がないことも分かっているので、聖杯さがしにはサヨウナラできました。
だいたい自分のルールも確立されたと思います。

でも。
あまりにも大負けしてた過去のせいか、どうしてもどうしても、自分が信じられません。
デモでは勝てるのに、リアルでは動揺しまくってしまいます。
そして、そんなときに限ってダマシにあってしまうんです。

なので怖くてエントリーできなくなって、損失を出すことは防がれています(笑)
エントリーしてないんですから、損はしませんよね。
儲けもしませんが。

チャートを見ること自体は苦にならず、暇さえあればチャートを見ています。
ただ、たまに、いったい自分は何のためにチャートを見ているのか分からなくなるんです。

このままビクビしながらクエントリーしても、薄利で逃げるか、うまく行かない時は損切りをすることを繰り返していくのだろうか?

何か、この状態を打破することはできないだろうか?

全て自分で解決すべき、自分の感情の問題であることは分かっているのですが、諸先輩方はどうやって自分に打ち勝っているのだろうと相談させて頂きました。



昨日のねこさんと心理的には近いのかもしれませんね。
守りの気持ちが強いってことですよね。

もしかしたら、リスクゼロで勝ちたいという気持ちがどこかにありませんか?

エントリー前後で動揺してしまうのは、損切りになった場合のリスクを許容できていないからなのかなーと。

頭ではストーリーを立てて、損切りになった場合はいくらの損失とわかっていても、気持ちの面で損するリスクを受け入れていないからではないかと。

最初から損切り分はなくなったと思うのはどうでしょう。

例えばギャンブルだと、掛け金(負けた場合の損失金額)を先に払ってから勝負に入りますよね。パチンコも先に玉を買いますし、競馬でも馬券を購入した時点でリスクは確定しています。

先に払うか後に払うかの違いであって、FXも考え方は同じだと思うんです。
(損切りを決めておかないとリスクは確定しませんが)
この後払いっていうのが心理的に曲者ですよね^^;

ストップロスの位置を決めたらそれが掛け金と思えばいいじゃないかと思います。
損するか得するかではなく、最初からそれを払って勝負に参加する。
思った通り動けば払い出しがある。
そんな考え方はどうでしょうか??

そう考えた時に、その掛け金払えないって思うならロットが大き過ぎるのかもしれませんし。

自分が信じられないって決してマイナス面ばかりではないと思うんですよね。
リスク面を慎重に考えられるということだと思うので。

でもそれが行き過ぎるとエントリーが出来なくなる・・・う~ん

以前、自信を取り戻すには勝つしかないですよ、と言われたことがあります。
その通りかもしれません。。

完璧じゃなくてもいいじゃないですか。
最初から勝てる人なんていませんもん。

最近は100通貨というのもあるみたいなので
まず一歩 リハビリと思って踏み出してみてはいかがでしょう。

的外れだったらすみません。。

加筆

たくさんのアドバイス、アイデアいただきました。→ コメント欄へ

ねこさんより

メンタルな部分なのですが。

勝った後、ようは利益が上がった後。
どうしても、負けが続きます。
俗に言う損切り貧乏状態になります。

おかげさまで、自分の勝てるパターンは、そこそこ解るようにはなってきておりまして、それに従ったエントリー・エグジットをし続ければ良いのは、頭ではわかっているのですが・・・

経験からくる直感に従えなくなると言うか・・・
(当然、感だけでなく、最低限の条件を満たしてからのエントリーではあります)

勝った後には、ココと言う時に、エントリーできなかったり、有効なポジションを、じっと持ち続けるという事が出来なくなります。

自分を信じれなくなると言うか・・・

ここを乗り超えれれば、きっと、コンスタントに利益が上げれるようになっていくんじゃないか?と思ったりもするのですが、ここからの最後の1歩が進めず困ってます。

何かヒントがあれば、よろしくお願いします。


1日の中で最初のトレードはいい結果が出るのに、その後ガタガタ崩れるということはよくありました。

でも、勝った後に自分を信じられなくなる・・・というのはあまり経験したことがありません。
私の場合は、自分を過信し過ぎて連敗という感じでしたので。。

う~ん、参考にならなくてすみません><

ちなみにその時は、1日1トレードというルールにしてみました(ほとんど守れませんでしたが)
今でも、メンタルの乱れを感じた時は、時間をおくようにしています。
深手を負わなければ、翌日になると大抵気持ちをリセット出来るので。

でもご質問者さまとは、精神状態が逆ですもんね。
すみません、何もヒントが出せなくて。

同じような経験をされた方がいらっしゃったら
ぜひコメント、アドバイス、ヒントをお願いします。

加筆しました

wildcherryさんコメントより

あまり参考になるかわかりませんが、勝った利益の1/2分か1/3か1/4か1/5分の分の損を計算して枚数をたてるのです。 もし、負けたとしても残ります。 無くなる恐怖、利益を守りたいという気持ちが先に来るのでエントリー出来なくなったり、変な場所でエントリーとなるのですから、残る方法を見つければ逆に良いのだと思います。 
失敗しても、残る!! と逆に考えて、エントリーです。
ご相談者の方は自分ではそう思っていないと、思われるでしょうけど、脳ではそう思っているのです。潜在意識のレベルですね。 潜在意識は今の現状を守りたいと思う部分が少なからずあるようです。現状を変えようとしたりすると、ずれが生じます。 ずれがずれを呼んだりして狂い始めます。
でも、それも潜在意識の中で起こっていることなので本人には分からないことなので、「どうして?」となるのですが、今を守りたい、無理をしたくない、と脳にずれが生じるのだと思います。 無理しているわけじゃないのですが、発展を怖がるというか。。。進歩を怖がるというか・・・。
人間の心理って不思議ですよね。
勝てば損をしたくないからエントリーが臆病になる。
負ければ、負けを取り戻したくなり、むちゃにエントリーや枚数を増やす。 利益が乗っていれば、失いたくないので、早く決済してしまう。
損が出ていれば、利益が出るかも。。と復活を願って、保有してしまい、大損する・・。 
など、人間心理ってとてもおもしろいもんです。
人間の欲にはリミットはありません。損をしたくないという気持ちにもリミットはありません。
ではどうすれば、ほどよくなるかを選んであげるのも脳を助けてあげるひとつかな?と 思います。


こんにちは。

GWも明日で終わりですね~
私は今日明日と予定が入っていなかったのですが
エリーさんに暇人と言われ(!)急遽旅行へ行こうと思い立ちました。
(暇人は冗談です、事実ですが・・)

午前中バックに荷物を詰め込んでいざ出発。
道中モバイルで宿を調べる。

空いてない・・・・(ビジネスホテル位しかない)
しかも2日間とも雨だよ・・・

GWで高速1000円、みんな考えることは同じですね。
く~高速通ってないとこ狙えばよかった。

ということで、わずか30キロで旅は終わり
温泉に入って湯葉食べて帰ってきました。

1025


昨日からメールをいくつかいただきました。
ありがとうございます。
順に記事にさせていただきますね。

コメントと違うの?って話もありましたが、どちらでも大丈夫です。
いつもコメント欄だけで完結してしまっているものを
記事にして、みんなでシェア出来ればという考えでした。

それと、私自身も一緒に考えることで成長させてもらっています。
言ってみたらブログがノート代わりかもしれません^^;

では、最初のメールです。

悩みっていうか2年近くやってきて、為替って思ったよりも不規則な動きをする
ってのが実感だね~ ・。・

だから短い足だと急に大陽線や大陰線にびっくりして失敗したりするんだよね~
 ・。・

ダウが分かりやすいらしいんだけど、wakaさんどう思う? ・。・?


名前伏せますけど、バレバレですね。。
しかも意外なご質問。FXじゃないんですけど~(冗談です)

ダウはやったことないのでダウの動きについては何とも言えませんが
例えば、自分の好きなパターンがあって、今の為替の動きはそうではなく
ダウがそうであるなら、その時そちらをやるというのも手ではないかと思います。

ダウだけでなく商品でも同じように考えられるかもしれませんね。
大きく動きそうなものだけ狙っていくとか。

私は去年原油の高騰をみて、崩れれば速いだろうと狙っていました。
結局、為替のほうも同時に動き出したので、原油まで手が回りませんでしたが。

完全にダウに転向してやっていくというお話だと私にはわからないです。
相性はあるかもしれませんね。


次はコメントでお返事書いてしまいましたが、書き直しました。

自分が待っている状況が来たと思いエントリーするんですが、ほんの数pipsのミスでストップに引っかかり、結果的に予測している方向に大きく動く(約50~100pips以上『ドル円』)のですが、その後のエントリーがなんとなく「また様子見した方がいいのかなぁ」と思って結果的に何もできなくて終わってしまう毎日なんですが…。
こんなことはみなさんありましたでしょうか?


最近のドル円そういう動き多いですね。だましというか。
トレードスタイルや状況によると思うんですけど、私の場合は頭で描いたストーリーが崩れていなければ、ストップで刈られた後でももう一度タイミングを見て入り直すことが多いです。
同じようなことが続いたり自分の考えていた動きと違うと思えば様子をみます。

ここからは本当に私の場合ですが
再エントリーする理由は、メンタルを崩したくないからです。
書かれているように、結果的に予測している方向に大きく動いた時に、取り損ねた~とメンタルが崩れそうならポジションサイズを落としてでも再エントリーします。(ストーリーが崩れていないことが前提です)
また反対に、刈られたあと結果が予想通りでも諦めがつくと思えたら入りません。

曖昧に聞こえるかもしれませんが、私の中では明確なルールなんです。

いつも自分が大きな損失を出すのはメンタルの崩れが原因なので、多少のコストを払ってでもまずメンタルを崩さないことを第一と考えています。

ストップにかかったら諦める、と統一してそれを受け入れられればそれもシンプルでいいと思いますよ。

加筆しました。

nekoさんコメントより
ストップに刈られた後「予測している方向に大きく動く」という経験はけっこうあります。
私の場合、こういう時はエントリーが早すぎるか、ストップが狭すぎるかです。
エントリーのタイミングは改善の余地が大いにありますが、ストップ幅を広げるにはリミットも広げなければなりません。


こんばんは。

GWいかがお過ごしですか?
為替のほうもあまり動いていないみたいですね。
私も連休中は子供も休みなので、トレードは7日から再開しようと思っています。

ところで、ブログの右側にメールフォームで「FXお悩み相談」というのを設けてみました。
悩み相談なんて偉そうで・・・それこそ悩んだんですけど^^;
「FXのお悩み共有しませんか」ってタイトルにしたらはみ出してしまったので。。

趣旨としては、FXのことなら何でもありで
このブログに対する提案でもいいですし、そのまま悩みでも

お返事は、ブログの記事で書かせていただきたいなと思っています。
(メールアドレス、ハンドルネームはてきとうに書いていただいて構いません。)

失敗や悩みってみんな共通する部分があると思うんです。
それを共有することで一緒に成長していけたらいいなと。
また、私からの意見だけでなくコメントでも色んなアドバイスいただくチャンスがあります。

気が向いたらぜひ使ってやってくださいね^^

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。