FXで豪邸は目指さず(笑)、う~んどこへ行こう。思いついたことをつぶやきます。

2010/051234567891011121314151617181920212223242526272829302010/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちは。

人民元のニュースを受けて窓空けで始まりましたが今は落ち着いていますね。
ドル円は、上にも下にも動くイメージが湧きません。
日足でみると三角持ち合いになるのかなという感じです。

やるとすれば、ストップ大きくポジション小さめのレンジ取引ですが
無理にやることもないですね。

ユーロドルは調整中。
大きな下落の後の調整なのでボラのそこそこありますが
こちらも積極的にやりたい感じではありません。
調整後の戻り売りをゆっくり待つ感じかなぁ

気候も暑くてダラダラで、相場も方向感なしか

単に自分がトレードモードでないだけかも^^;

スポンサーサイト
まいちゃんが出演しているミュージカルシカゴを観てきました。

まいキティはセクシーで最高にカッコよかった!!!

音楽もいいし、テンポがあってすっごく好きな作品。

もう2,3回観たい・・・

観れば観るほど楽しめる舞台だと思う。

お時間のある方はぜひ赤坂へ~

IMG_0232.jpg

終演後のまいちゃん

こんにちは。

昨日は旦那を駅まで送り、鍵を家の中に忘れて入ることができませんでした。
ちょっと駅までのつもりで、携帯ももない
赤ちゃんと2人、オムツの替えもない・・・
そんな時は決まってウン○してくれるんですよね^^;

不動産屋に連絡したら合い鍵もなく(どんな不動産屋だよ 私が悪いんだけどぉ
半日格闘し、最後は2階からハシゴで入りました。


話がそれましたが
自分を知るについて

自分の手法を完成させる過程で、自分を知ることは必要不可欠だと思います。

FXの勉強をずっと続けているけれど、なかなか上手くいかない・・
自分を知る、自分の内側の勉強に切り替えてみるといいかもしれません。

勝ってる人の真似をする、手法探しが悪いわけではありません。
外側の勉強も大切です。

でも、その人の手法はその人だから完成しているものであって
脳までコピーすることはできません。

どこから始めてもいいと思います。
長期でやってみる、短期でやってみる、誰かのやり方でやってみる。

自分を知ると、入口はどこでも一つのゴールに辿り着く。
そんな気がします。

以前に書いた、勝てない理由を考えるの記事と
言いたいことは同じかな。。


こんにちは。
今日はトレードスタイルについてご質問いただきました。

その前に、友の会でお会いしたこりんさん
秘密コメントいただいていたんですね。
すみません、見逃していました><
遅くなりましたがコメント欄に返信しました~


みほさんより

wakaさんのブログを過去からずっと拝見していると、スイング・デイトレ・スキャルまで色々な手法を組み合わせてトレードされている印象を受けました(最近は違うのかもしれませんが)。
今のスタイルに落ち着くまでに、デイトレorスキャル、損小利大or損小利小・・・など、自分の性格、やりやすさ、トレード環境などを踏まえて、試行錯誤されてきたのだと思いますが、その過程で考えたこと、ターニングポイントになったことなどで思い当たることがあれば、ぜひ教えていただけないでしょうか。

というのも、私はFX歴二年目ですが、なかなか勝てるようになりません。
ここ一年くらい、「損小利大」を基本とした、損切り幅を20-30ppsにして利をなるべく伸ばすスタイルを確立しようとしてきたのですが、勝率が一向に改善せず(2-3割程度)、トータルでプラスにできません。元々このスタイルを採用したのは、過去の経験からスキャルは自分には向いていないと思ったこと、一回あたりの損切り幅さえコントロールすれば、なるべく利を伸ばす方がリスクが少ないと感じたからです。ですが、現実は損切りの嵐(笑)。

エントリーしてすぐに損切りになってしまうこともあれば、エントリー後40-50pps(あるいはそれ以上)プラスになった後に戻ってきて建値ストップあるいは損切りということもあります。なるべく利を伸ばそうとして、100ppsプラスが半分以下に・・・なんていうこともあります。勝率が悪いのはエントリー位置が悪いから、利を逃してばかりなのは利食いがヘタだから、と後からチャートを見直すと分かるのですが、結局一年かかっても改善できていない状況です。「損小利大」は理想ですが、損切り幅を小さく抑えつつ利を伸ばそうとすることは、実は非常に高度なテクニックや感性が必要だと改めて感じています。

そこで、今まで否定的だった勝率重視の「損小利小」スタイルの方が、結局は難易度が低いのではないかと考えるようになりました。でも、今から180度思考を変えてこのスタイルの習得に取り組むことが果たして良いのか分からなくなり・・・頭がぐちゃぐちゃになっています(笑)現状のやり方で勝てていない以上、何かを変えない限り勝てるようにはならないのだから、迷っている場合じゃないのかもしれませんが。

もしwakaさんのご経験で何か思い当たることがあれば、シェアさせて頂けると大
変ありがたく思います。どうぞ宜しくお願いします!



過去に口座残高を何度かスッカラカンにしたことがあります。
キチっと損切りしていれば、勝率が悪くてもそうそう残高ゼロにはならないですよね。
それを、なぜあんなに芸術的に負けられたのかというと損切りをしなかったからです。

その時に、自分のやってることの逆をやればいいんだなって思ったんです。

大きく負けるのは損切りをしないから
大きく勝つには利食いをしないこと

この考えに基づいて今もトレードをしていますが
私の今のトレードスタイルは、スキャル~スイングまで、エントリー時にたてる戦略、見通しによって色々使っています。

簡単に説明すると、こんな感じです。

利大(スイング)
 強いトレンドが出たときで、できるだけ初動で入れたとき
 どこまで取れるかは相場次第(トレールで利をのばすイメージ)
 
利中(デイトレ)
 1時間足位でのトレンドをみて入り、同じく時間足のサポートレジスタンスなどをみつつ
 デイで取れそうな辺りを狙っていく

利小(スキャル)
 リバウンド狙いや5分足で好きなパターン

一番多いのは、デイトレです。
スキャルは、ボラが高い時にはやりますが、普段の相場では、あまり積極的にやりません。
一番稼げるところ(だと思っている)が利大の強いトレンドが出た時ですが、チャンスは一番少ないですね。

どの場合も、エントリー前にどの辺りまで狙えそうかなど、イメージ、ストーリーをたてています。

みほさんのコメントを読んで気になったのが、エグジットの見通しがあまり明確ではないのかなということ。
損切りが20~30で100pips以上狙えるポイントや、上で書いたような利大が狙えるチャンスってあまり数多くないんですよね。

私のように色々混合してやる必要はないと思いますが、損小利大スタイルでいくなら、そのような見通しの立てられるところをもう少し絞って

エントリーしてから損小利大を実行するのではなく
損小利大の狙える根拠あるポイントを見つけてからエントリーする
という感じで考えられるといいかもしれません。

損小利小スタイルについてですが、私は合わなかったのでアドバイスしずらいんですけど
一度試されるのもいいと思います。

私も今のスタイルに落ち着くまで、色々な方法を何度もいったりきたりしました。
試してみて、自分に合う合わないが解りますし、最終的に今のスタイルに戻ってきたとしても、その過程はマイナスにはならないと思います。

以前は遠回りしたなって思ったこともありましたが、その時の自分はベストを尽くしていたわけで、すべて必要な過程なんだと思います。

勝率が2,3割でも1年近く試行錯誤しながら続けるってなかなかできないことですよね。
私なんて、ちょっとダメだとすぐ心折れて、あちこちやってましたから^^;、

みほさん、大丈夫だと思います!(私の勝手な勘ですが・・)
きっと何かのキッカケで道が見えてくるんじゃないかな。

mickeyさんからのご質問です。

私の現在の悩みのひとつをご相談させていただきたくメールしております。

『初心者は順張りが基本』とおっしゃる方が多いように思いますが、順張り=トレンドが発生してその押し目や戻りを待ってポジションをとる、ということで合っていますか?

私はその押し目や戻りをとらえることがとても苦手です。
その理由はどのラインやMAを気にしていいのかわからないからです。

発生しているトレンドのなかで斜めのラインを引いてもはみ出たりタッチしなかったり。
20MAで跳ね返っているかな?では次の20MAタッチで参戦しようと思うと今度は75MAまで下がって(上がって)みたり。
20MAで跳ね返らなかったからトレンド転換か?!と思うとまた同じ方向に動いていったりします。

そんな感じで結局はトレンド転換を狙うような形にばかりなってしまいます。

乱文で大変申し訳ございませんが、順張りに対する苦手心をなくせるよう何かアドバイスいただけた幸いです。


逆張りで一番気をつけたいのが、ブレイクアウトした時の値ごろ感の逆張りです。

順張りか逆張りかは、見る時間足によっても変わってくるかもしれませんが
明確なトレンドがあるとき、マーケットのテーマに逆らったポジションをとるのは避けた方がいいですね。
トレンドが出たらそれに乗る方が簡単に勝てると思いますし。

で、mickeyさんがおっしゃってる押し目戻りのポイントですが、20MAのときもあれば75MAで跳ね返されるときもある。
これは仕方のないことだと思います。トレンドラインも皆が意識しているような日足単位のものでないと騙しが多くなりますね。

トレンドは強さにもよりますが、一度出たらそうそう簡単には転換しません。
それを前提に確実にトレンドが崩れたとされるポイントを損切りポイントにするか(レバを抑えて)
20MAや75MAの狙ったところで入って、ダメなら損切ると割り切るか

指値やスイングなら前者がいいような気がします。
また後者の場合、20MAにタッチしたらエントリーとするより
そのポイントで跳ね返るもしくは跳ね返りそうな形になってから
エントリーすると多少騙しに合うのを防げるかもしれません。

でも・・・と話をひっくり返しますが^^;
迷った場合や自信のないところでは入らないのが一番だと思います。

>そんな感じで結局はトレンド転換を狙うような形にばかりなってしまいます。

いいんじゃないでしょうか。
それがmickeyさんの勝ちパターンなのでは?

私もトレンド転換と持ち合いからのブレイクアウトが一番好きですよ^^


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。