FXで豪邸は目指さず(笑)、う~んどこへ行こう。思いついたことをつぶやきます。

2012/02123456789101112131415161718192021222324252627282930312012/06

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメントでいただいたご質問ですが、こちらでお返事させていただきます。

どうして坊やさんより

上手い損きりの位置を教えて下さい。
ここを抜けられると危ないポイントはなんとなく分かるのですが
騙しブレイクに引っかからない絶妙の損きりのポイントが分かりません><

せっかく損きりしたのにその後に思い通りに動いたら
ただの損きり貧乏になってしまいます。

騙しブレイクに引っかからない様にする為にはどうすれば良いですか?

今の自分がやってる対策は低レバでストップを置かない様にしています。
そうしたら勝率100%になりましたが一度でも負けると破産します。損きりしないので当たり前ですが(笑)

こんな危険な方法は辞めたいので
損きり貧乏にならい損きりポイントをマスターしたいです。
よろしくお願いします。


絶妙の損切りポイントですか・・・
それがわかれば私も教えて欲しいんですが(笑)

騙しが多いというと、時間軸が短いんですかね。
もしくは、レジサポのポイントからストップが近いか。
確かにストップを刈った後、元のトレンドに戻る動きはよくありますが
それを防ぐ方法は私もわかりません。

思いつくやり方としては、

・ストップが刈られて元のトレンドに戻ったと思ったら再度エントリーする。
・刈られた分損するのがイヤだというならストップをもう少し広くする。
 (この場合、ストップを広くする分期待値が悪くなるので、結局上の方法と変わらない可能性も)


いずれにしてもエントリーに勝率100%はないように、損切りにも100%はないんですよね。
エントリー後、思惑通り利食いが出来る確率が60%だとしたら
損切り後、思惑通り動く(戻ってこない)確率も60%ぐらいじゃないかと。
また、時間軸を無視して考えれば、損切りしてもいつかレートは戻ってきますよね。

ご質問の読むと、なんとなく聖杯探しになってるのではないかなと感じました。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。