FXで豪邸は目指さず(笑)、う~んどこへ行こう。思いついたことをつぶやきます。

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちは。
持ち合い続いてますね。
今週は少し調整入りそう?ってみてますが
構えている時は入らなかったりしますね。

勇み足にならないように気をつけます。


Jさんより

はじめまして。
FXを初めて半年の初心者です。

取引環境
チャート画面⇒FXA証券(1,5,30,2H,day)足
取引画面⇒クリック証券、外為オンラインです。

基本的に、順張り、ディトレのつもりです。

悩みなんですが、自分が持ったポジションと,
逆へ、チャート(1分)足が、いつも動く様に見えるのですが、
(決済すると元へ戻ろうとする)。

時々はチャートの足が、逆へ向かっても、我慢して持って見るのですが、
そのうち、5分足が変わり、30分足が変わって、損失が大きくなっています。

両建てしてみたり、他社画面から、反対ポジションを当ててみたり、
色々試していますが、上手くいきません。

他の方々は、この様な事が、無かったのでしょうか。
FX関係の本、雑誌にも出て来ません。
ブログで1件だけ、見た事有りますが、役立つ解答ではなかったです。
なぜ、ポジションと逆に動こうとするのか、教えて下さい


ありますね~
誰か後ろで見てるんじゃないかっていう位反対にいくとき。
でも、相場が自分のポジションを意識して動いているとは考えられないので

なぜ、ポジションと逆に動こうとするのかというより
なぜ、逆の方向にポジションを持ってしまうのか

ということだと思います。

私の経験から考えると、順張りでポジってすぐ反対にいくというのは
タイミングの問題ではないかと思います。

例えば、こんな感じの右肩上がりのチャートで

1039

勢いがついている赤○あたりでエントリーしてしまうと、一旦戻されたりします。

これは1時間足のチャートですが、1分足でも考え方は同じかな。

以前、エントリーのリズムという記事で書きましたが

チャートは波型にジグザグ動きます。
どんなに上げ相場(もしくは下げ相場)でも押し目なく一方向に動くことはないので
ぐんと動いたところで追随すると、戻りでやられてしまうことが多くなるのではないかと思います。

対策としては、順張りの中での逆張り(押し目)を待つというのはどうでしょう。
上のチャートであれば青○のような押し目を狙う

動き出したらすぐ乗っかるのではなく、一呼吸おいて、戻りを待つ。

「待つ」が出来ると変わるかもしれません。



ショコラさんより

株は2年ほど経験がありますが、FXは連休後から始めたばかりです。
現在岡三アクティブのチャートを見ながらFXブロードネットでデイトレをしています。
さまざまな会社に長短があることが、FXロボなどの比較サイトでわかってくればくるほど、どこに移動してよいのかわからなくなってきてしまいました。MT4で有名なFXDDもツール使用のために入金して大丈夫なのだろうか?等々迷路に入ってしまいました。
お立場上ブログでは具体的に会社名をお書きになりにくいかとは思いますが、wakaさんがご使用になられているFX会社を教えていただければ大変嬉しいです。


業者は沢山あって、ホント一長一短ですよね。

私が今使っている業者は

くりっく365
 インヴァスト証券
 ユニマット証券

店頭業者
 kakakufx
 サザインベストメント (検討中)

こんな感じです。
でも、デイトレ、スキャル派の方にお勧めするとしたら
外為オンライン、FXTS、辺りです。

私の使っている業者、またお薦めとして書いた業者
いずれも、システムやスプレッドなど使い勝手からの観点です。
ショコラさんがご心配されている信用力は全く考慮していないので
そちらに関しては、ご自身で調べてみてください。
参考にならないか^^;

私は信用力とかみてもわからないし、大きいから大丈夫ってこともないと思うので
万が一に備えて、資金を分散して使ってます。

自分の中では、使い勝手条件>信用力 が明確なんですね。

まずはどこを一番重視するのか、ですね。


おはようございます。
週末も挟んで、ブログ更新久しぶりな気分です。。

さゆりさんより 

テクニカル分析の本を紹介してくださいというタイトルでメールいただきました。

はじめまして、いつもブログ拝見しています。自分と同じ悩みや失敗をしてる方いっぱいいるんだとおもい励まされたり、もっとがんばろうとおもったりしています。私は、まだFX半年の初心者でまだまだ勉強中ですが、月曜日のブログで相場観のことが書かれていました。私にはまだまだ相場観なんて全然ありませんが、昨日鈴木隆一先生のオンラインセミナーで値幅観測論というものを聞いて早速、その中のフィボナッチ比率で今朝のドル円の押し目戻りを計算したらほぼぴったりでした。とってもびっくりです。私は、順張りの押し目で入ろうと決めているのですが、wakaさんは、どのような方法(フィボナッチやトレンドラインや人目理論値観測論)でストーリーやエントリーのタイミングを決めているのですか?

テクニカルの本ですか。私は本では学ばなかったんですね。。
ずっと自己流でやってきて、ネットで勉強したりそんな感じだったので、自信を持っておすすめできるものがないのですが、

先物市場のテクニカル分析

この本は色々なところでお勧めされています。
私も目は通しましたが、知っていることが多かったので真剣に読めませんでした。。

この辺りは、みなさんにご意見いただきたいですね^^

あと本ではありませんが、テクニカルを使った相場感を書いているブログをご紹介しますね。
自分で相場観を持っている方は、かえってみないほうがいいかもしれませんが、どうやってテクニカルを使うのか、どう相場観をもって予想するのか、生きたチャートで語ってくれるブログは貴重だと思います。

FXだけで生活しちゃおー
目指せ1000万!激走、FX GRAND PRIX
為替千里眼

今はもっとたくさんあるかもしれませんね。
こちらも情報お待ちしてます。

私が使っているテクニカルは、MA21とフィボナッチ(エクスパンション)、サポートレジスタンスがメインですが、一番は自分の相場観、チャートの形、値動きを重視しています。
使い方のルールがはっきり決まっていればご説明したいんですけど、ケースバイケースでこうとは言えないんですね。

私も順張り押し目が好きですから、例えばそんな時は、
MA21や、フィボナッチを目安にエントリーの様子をうかがう。狙っていた辺りまで押して、チャートが反転しそうな形になればエントリーする。そんな感じです。狙っていたところまで押しても、いい形にならなければエントリーしない時もありますし、そこまで押さなくても上げそうだと思えば入る時もあります。。(と、書くと、書いた意味ないですね^^;)

また、他の例では、日足や時間足ヘッドアンドショルダーを形成し、売りで入りたいと考えます。
5分足や1分足のMA21を目安に、それでも一番は値動きをみてエントリーします。そして、エクスパンションやサポートで目標を決める。こんなふうにも使います。

パターンはやっていくうちに増えていくのかもしれませんね。

こんばんは。
2回目の更新で頑張りすぎですが(笑)
ちょっとこれは書いておかねばと思いまして。。。

ストーリーの作り方がわからない、というコメントをいくつかいただきました。
チャートをたくさんみて、自分の相場観を磨くしかないかなって思いましたが
前回の西原さんの言葉で

>新人トレーダーは大きな流れの相場観ってまだあまりないんですよ。

てな言葉がありましたね!!
だから最初はスキャルやるって。。
自分で書いておきながらスルーしてます(大汗)

そうです。初心者の頃は相場観なんてありません。
あるのは値ごろ感のみだった(これも以前書いたか)

そこへ、シナリオ作って損小利大やれっていうのは
あまりにも乱暴でしたね。すみません><

考えてみたら私も最初から今のスタイルだったわけではありません。
勝てるようになった頃は、ポン円専門のスキャル~デイでした。
このブログを始めたころもそれに近かったと思います。

それから2年、相場が変わって壁にぶつかったり
ポジションサイズが変わってスタイルの見直しがあったり
そんなことをしながら今のスタイルになったんでしたっけ。。

ただ、損小利大を覚えたことで、トレードが数段進歩した?楽になったと感じています。
なので、スキャルで上手くいかない方には、ぜひ試していただきたいと思って書いたんですね^^;

ちょっと言葉足らずでした。すみません。

相場観があって、ストーリーが描ける。
ストーリーがあってトレードできる。

という流れが理想だと思うので、
普段、20~30の1波狙いのトレードを、損小利大だからとリミットを100にしてみるというのでは本末転倒かと思います。

30p取れそうだというシナリオでエントリーしたなら、そこでリカクでいいと思います。私もそうです。
で、これは取れそうだぞ、トレンドが出たぞってポイントが見えるようになったら、その時に利を伸ばしてみたらいいのではないかと思います。

利を伸ばすからとストップを広げる必要はないと思います。
スイングって言うと損切り幅も広いような気がしますけど、私は損切りはそのままでやってます。
それで勝率が下がってるのかもしれませんが。。。

損は小さく、利益は大きく狙えそうなところが一番の勝負どころですね。

まあ、これも昼間チャート見れない方だとある程度幅を取らないといけなかったり
人それぞれかもしれませんが。

ふーー なんだか一人相撲を取ったようだよわ。。

タイトルのストーリーを描く、にはあまり触れてませんが、それにはやっぱり経験が一番ではないかと思います。
とにかくチャートをみて、予想してみる。参加してみる。
プロの人や他の人はどうやって予想を立てているかみる。
そうするうちに自分の得意パターンが増えて、ストーリーが立てられるようになるのではないかなと。
常に相場観をもつ必要はないと思います。誰だってわからない時はあるハズ。
そんな時のために休むも相場って言葉があるんだと思うので。

まずは一つ、自分の得意パターンを見つけることからですね。

そんなことでまとめて(!)
一通りいただいたメールはご紹介しました。

明日からまた気ままな更新に戻るかと思います。
毎日更新することを体得?できてれば、まめに更新するかも(笑)

メールフォームは右側に残しておきますので、お付き合いくださる方は気軽にメールくださいね^^

ではでは おやすみなさい。


サンテさんより

サヤ取りの有効性について教えて欲しいですね~ ・。・
スプレッド分、最初に損するし、相関性が高いものや逆相関のものを組み合わせるからサヤを取るのに時間がかかると思うけど・・・  ・。・
こまめにサヤを取っていくのと、スイングで時間をかけて大きく取るのとどっちが効率的かな~?


たろちゃんさんより

FX始めて2年経ちました。
当初は、サブプライム問題で、大損しました。しかし、これは100年に一度と言われる、大暴落なので、初心者の私の負けは仕方ないと思って、トレードを続ける日々でした。ところが、最近になっても、なかなか勝てません。
そこで、いろいろなブログを参考に、スキャルに挑戦しています。ところがこれも5pipのストップとかだと、すぐにカットされ、うまくいきません。ドル円でスプ1銭の業者を利用しています。
実際スキャルは勝てるものなのでしょうか。
今後、このやり方を継続していこうか、悩んでいます。
何かよいアドバイスがありましたらお願いいます。



相関を使ったサヤ取りは、私はやったことがないので今回は助っ人を呼んでみました。
この方にスキャルについても聞いてみました。

相関を使ったサヤ抜きについて

相関性というのは為替市場ではほぼ存在しないんですよ。たとえばユーロ円というのは、ドル円×ユーロドルですよね。15年位前までは、ユーロ円が大きく動くとユーロドル×ドル円から動き出したレートとユーロ円のプライスに乖離が生じて、銀行のトレーダーがサヤ抜きをしたりしていたんですね。でもそんな原始的なトレードはコンピューターが得意ですよね。ゴールドマンとかヘッジファンドに働いてるロケットサイエンティストがそのゆがみを取るプログラムなんかはすぐ書いちゃうわけです。為替市場のボリュームはものすごい量で出会いながら上下するんですが、人間の目、つまり肉眼では追い切れないゆがみはそういうシステムがすぐ売買してサヤを抜かれるので、個人のトレーダーが相関性でさや取りをするのは不可能です。

スキャルについて

銀行の新人トレーダーは大きな流れの相場観ってまだあまりないんですよ。それでマーケットにはりついて20~30ポイントを顧客の注文をさばきながらやってるんですね。シニアトレーダーになるといわゆる proprietary trader といって、自分で相場観を持ってトレードする。例えば、今回のユーロドルレンジブレイクだと思って、1.42までポジションを保有する、1.37切ったらぶん投げる。長く生き残ってる人、儲けられる人は、こういうタイプの人しか僕はしらないです。
どちらかというとスキャルは相場観構築でやっていて、いかに大相場を取るかで勝負が決まるって感じですね。

(新人トレーダーのスキャルって?
例えば、生保がドル円を $100mio 僕に聞いてきます。94.10-15と答えると生保は僕に94.10で売ってきます。僕は94.10円で$100mio ロングになる。それを94.10以上でカバーできると儲かりますよね。カバーできなくて94.05で投げるとロス。これは相場観とは別でカバーリングですね。
カバーが上手い人でも、自分でポジション取ってみろっていわれるとヘタだったり、そんな天才肌じゃなくても自己裁量でやらせると上手い人もいます。)

スキャルで儲かるというのは、マスコミが作っている部分もあるのでは。FX会社はスカルパーがいないと儲からない。例えば、ドル円月に1回100円で売って月末に95円で買い戻すトレーダーが一番儲かるんですが、FX会社はそういう個人いらないでしょ?勝っても負けてもどたばたやって欲しいんですよね。

FX会社のお客さん、やられている人はちょこちょこやってどーんと負ける。
FXは勝ったり負けたりして、最後にいくら残すかというゲームなので、損切りのできない人が生き残れないというだけですね。

貴重なお話からちょっときわどい内容まで、ありがとうございました。
今回ご質問にお答えいただいた西原さんの相場観などは、毎日こちらで見られます。

西原宏一が導くFXスマートトレーディング
西原宏一の実践FXトレード


この後に、私の意見を書く必要もないかと思いますが^^;一応書きます。。
丁か半かの50%の博打であれば、やればやるだけスプレッド分損しますよね。
でもFXでは50%ではないポイントがあると思ってます。それが自分の得意パターンとか勝ちパターンとか言うところだと思うんですけど。そこだけやってれば負けない。それはスキャルでもスイングでも同じだと思います。でも私の場合それをスキャルで続けることは難しかったです。原因は自己規律の甘さだと思いますが。。

以下2007年に書いた記事ですが、コピーしますね。(ちょっと手直ししました)

スポーツでもそうですが、基本って凄く大事ですよね。スキーでもゴルフでも、自己流でやるのときちんと基礎を教わって始めるのでは上達のスピードが違うと思います。
それなのになぜ、トレードではそういう事を無視してしまったのだろうと、今は思います。
直接教わる事は難しくとも、トレードで成功された方々が書かれた本は沢山あります。10人いれば10通りの考え方があるとも言えますが、それでもある共通点、多くの方が口を揃えて言う事があると思うんです。トレードの方法で言うと、順張り、損切り、損小利大など。
それを無視して自己流を続けていた私は、成功者の方々が作った登山道を横目に、わざわざ険しい崖をよじ登っているのようなものです。

西原さんも、確かに感のいい天才肌のスカルパーもいると思う、と言っていました。
私も実際スキャルで勝っている人を知っています。

でも、私を含め一般の人は、天才トレーダーを目指すより、投資の王道をいくほうが勝てるようになる確率は高いのではないかと思います。私の考えですが。。

これを書きたいがために、こんなに長くなってしまった^^;

ホッシーさんより

「損小利大」わかっているのですが、結果はいつも「損小利小」で、
少しずつマイナスが発生し、塵も積もれば大きな損益となってしまってます。

おそらくメンタル面での改善が必要なのではないかと、
自分なりに分析はしているのですが、
具体的な思考(改善)方法がわからなく、悩んでおります。

良いアイデア、または同じような状況を乗り越えてきた経験が
おありでしたら、ご教授願えないでしょうか。



利小の部分ですが、最初の利食い目標値は利大になっていますか。
もし、利食いに対するストーリーやイメージが曖昧なままエントリーされているようでしたら、まずそこを明確されるといいと思います。

次に、ストーリーはできているけど、目標まで持てず利小になってしまう場合は、おっしゃる通り、メンタル面の問題だと思います。

①自分のルール通り(損小利大)トレードすれば、トータルプラスになるという自信をもつこと

  確信が必要です。デモなどで検証されるのが有効かと思います。

②頭で理解したことを、体で覚える作業

  利を伸ばす、利食いを我慢することを体で覚える。リアルで出来なければデモや枚数を減らして、まずは1度でも利大を成功させることだと思います。初めは心理的苦痛があると思いますが、2度3度成功させると体得に変わり、その後はメンタル面も楽になると思いますよ。


頭で理解したことを会得、体で覚えたことを体得といいます。
会得体得についてくわしくはこちら

スポーツではこれが必要だそうですが、トレードでも同じだと思います。
利益を伸ばす作業もそうですし、損切りについても、またドカン負けを防ぐにもこの体得が必要ではないかと。

人間の基本的心理は、損は出来るだけ確定せず、利益はすぐにでも確保したいと思うようです。なので、損小利大は普通の人にとっては苦痛を伴う作業なんですよね。
そのことと、多くの人がトレードで勝てないことは、無関係ではないような気がします。

まずは、体得の一歩を踏み出してみてください。

利益を伸ばす良いアイデアがあったらお願いします^^


たまごーるさんより

はじめまして。FX半年の初心者です。
トレードに関しては、してはいけないことにはだいぶ気づいたのですが、得意パターンが確立できずにいます。現在、主婦業メインなので、幸か不幸か、チャートを長い間見ていられる環境にあります。
それで悩みなのですが、生活のリズムを崩しまくっていて、困っています。今は勉強と思い、しかたないと思っている部分もあるのですが、それでもエントリーのタイミングを待っている間に夜明かししてしまったり、挙句に失敗トレードになってしまったときなどは、すごくヘコみます。
子供がいるので、時間をうまく使ってトレードできる生活が目標なのですが、そんな日がくるのか心配になります。
相談がFXとちょっとズレているかもしれず、すみません。wakaさんはこんな悩みはありませんでしたか?また、生活で気をつけているコトなどありますか?


主婦トレーダー共通の悩みですよね。

私もたまごーるさんと同じように、夜中までチャートをみたり不規則な生活をしていました。
そんな私の経験から考えると、原因は焦りと欲からきていることが多いように思います。

損失を取り戻したい、早く勝てるようになりたい、チャンスを逃したくない、などなど

でも、こういう心理は、トレードに一番マイナスなんですよね。
なので、私は夜更かししてトレードしていた時は、ほぼ悪い結果でした。
それに気づいてからは夜更かしトレード=負け、と思って早く寝るようにしていますが。。

ある専業トレーダーさんは、トレードに一番大事なことは「健康」とおっしゃってました。
体だけでなく心身ともに健康であることは、大切だと思います。


昨日のリバモアの本でも、頑張り続けるしかないとありますが、まず続けないといけないんですよね。
そう考えると、あまり無理し過ぎると続かないのではないかなと。

トレードはマラソンと違って、走っている時はどこがゴールだかわかりません。
でも、競争ではないですし、時間制限もありません。
自分が続けられるようなマイペースを是非みつけてください^^

って、簡単に書いちゃいましたが、私も苦手な分野です。。
同じ主婦トレーダーさんのアドバイスお待ちしてます。


babajiさんより

ひとつ悩みがあります。ロスカットを動かすタイミングが分かりません。
私はトレンド中の押し目などを狙っていくのですが、当然エントリーが早すぎる場合もありますその時でも5-10pips程利益が出てまた戻りしながら動いていきますが、利食いポイントを50pipsとして損切りを-30pipsとしますと10pipsぐらい利益が出るとどうしてもプラマイゼロラインにロスカット動かします。すると戻りで刈られます。その後50pipsまで行く場合もあれば-30pipsまで行く時もあります
一応ロスカットラインは考えて設定しているのですが、こういう場合動かすのはダメなのでしょうか?動かすと損しないのですが8割ぐらいプラマイゼロで刈られ、一気にロスカットの時は損確実なのでなんだかスプレッドを上納しているだけのように思えてしまいます。何か参考意見がございましたら、ご指導ご鞭撻の程よろしくおねがいします


先に、私のやり方をご紹介しますね。
時間軸は気にしないでください。
チャートの形で説明しやすいものを選びました。

1029

赤丸のどこかでロングエントリーしたら、その下のラインにストップを置きます。
次に順調に推移して黄○のように下値を切り上げたらストップを動かしていきます。

毎回こんなにキレイにはいきませんが、イメージとしてはこんな感じです。
戦略にもよりますが、5分~1時間足の形をみて、トレンドライン、MA21なども考慮しつつストップ位置を決めています。

babajiさんのご質問は、この最初の黄○を形成する前でも、利が乗ったら建値にストップを動かすかどうかということですよね。

私は動かさないです。

理由は、

エントリーする時に、赤○が押し目になるだろうというシナリオを考えて、エントリーします。
でも赤○を下抜けたら、もっと下押しする可能性があるという理由で、その下にストップを設定します。
その後、予想通り上昇している間は、最初に考えたシナリオが崩れておらず、ストップを切り上げる理由がないからです。

また、babajiさんはストップ30と書かれていたので、もし最初のストップラインが赤○付近の安値(下ヒゲ)よりだいぶ離れているなら、利が乗った時にストップを下ヒゲのすぐ下まで上げるというようなことはやります。
(わ、わかり難いですね^^;)

いずれにしても、あくまで私の場合という程度で参考にしてください。
スキャルや1トレンドを取りに行くような場合はまた違うのかもしれません。

実際、babajiさんのように、利が乗ったらすぐに建値ストップにして勝っている方も知っています。
その方もやはり、建値ストップ率がかなり高いと言っていました。

まず、どちらのほうが優位性が高いか検証されてみてはいかがでしょう。
トレードスタイルはそれぞれなので、ご本人にしかわからない部分でもあると思います。

そしてどちらも優位性が保てるなら、自分に合っている、納得できる方法を選べばいいのかなと思います。


おはようございます。
ドル売りが続いていますね。

ユーロドル日足

1028

今朝、3月の高値付近まできました。
ここを抜ければ、エクスパンション1.42辺りが目標か。

ドル円も日足でヘッドアンドショルダーを形成するかどうかというところです。
ドル円売り、ユロドル買いの流れですが、今は節目にきてますね。

私はユロドルをロング中ですが、半分利食いました。
ブレイクしてきたら増し玉しようかなと思ってます。


今日は、法人化についてです。

コロさんより

おかげ様で、やっと収益が安定し、自分のトレードスタイルも固まってきたかなと思える昨今ですが、そうなると気になるのは、やはり税金のことです。

ほぼ専業トレーダーのようになっていますので、個人事業主&青色申告で行こうとも思ったのですが、これも色々と難しいようですね・・・(ちなみに店頭業者を使っています)

wakaさんの取引量からいってもかなりのヴォリュームだと思うのですが、会社でも設立されてやっておられるのでしょうか。できれば、どうされているのか教えてください。宜しく、お願いします。


私の話は参考にならないかもしれません。
以前、法人化の記事を書いたんですけど、実は未だに白色申告なんです。
完全に個人ですね。

理由は・・

税制改正があれば、店頭取引も20%になるのではないかと期待している。
(20%になれば、他に事業をしていない私には法人の意味がないので、解散になる)

税務の手間や、税務調査などで煩わしい思いをするのが嫌。
(法人化したら数年に一度、税務調査が入る。個人でも入る時は入りますが・・)

などです。

過去何度か税理士さんと相談して、税金面だけみたら私の場合法人化が有利であることは間違いないようです。
税理士さんはしきりに法人化を勧めています。(その方が税理士さんも儲かるしね^^;)

後は考え方次第ではないですかね。
年収や事業形態、役員報酬の問題など、ケースバイケースの部分が多いので、一度税理士さんにご相談されるといいかもしれませんね。

私も未だにやっぱり法人化?と悩んだりします。
別の事業と組み合わせられればやろうと思ってますが。

ちなみに白色ですが、経費はしっかり落としてますよ。

PC関係
プロバイダー(9割)
携帯(半分)
勉強会での食事代、交通費、宿泊費。
セミナー代、書籍代
電気代(今年からPC使用分程度落とそうと思ってる)
今回の机^^
など、大した金額にはなりませんが。。

法人化しても家賃が少し落とせるくらいで、経費面で私はあまり変わりませんね。。
ちょっとした食事もつけちゃえーってやればチリツモかもしれないですけど
うちは旦那(経理担当)が、生真面目なので出来ません^^;(当たり前?)

私も専業の方、どうされているのか聞いてみたいです。
ぜひぜひ、教えてくださーい!


ピエゾさんより

FX初心者です。よろしくお願いします。
ところで、WAKAさんの書かれた「私のトレード法」で

1.時間足でダブルトップ・・・。
2.時間足でMA21の向き・・・。
3.日足が下げそう。

と言うところがありましたが、それではなかなかエントリーできないのではないですか?
また、「エントリーのリズム」で書かれているポイントですが、例えばチャートに示されている2番目の緑の丸からPCを立ち上げてチャートを見たとすると、まだ下降するのか、あるいわ反転するのかと言うのはある程度21MAなどからまだ下降するのではと感じるのですが、私はその時点からエントリーするのが遅いのでは(すぐに反転するのではなど)などと迷っていて、エントリーするのを逸してしまうことが多いのです。
このような時、WAKAさんはまだ、下降すると言う判断をどこをチェックしていますか?
また、その後の流れをどのように読まれますか?



上記3つの目安を書いたのは、こちらの記事なんですけど
この3つのルールは、トレンドに逆らった逆張り・反転を狙った時のものです。

ちょうどこの記事を書いた時、数日間ポンド円が上昇していました。
そこで売りで入って負けてしまうというコメントにあてて、上昇トレンド時に売りで入る場合は、こんな条件がそろってからという意味で書きました。

普段、この条件が揃うまでエントリーしないわけではありません^^;
順張りならもっとたくさんチャンスありますね。

チャートを立ち上げてすぐは、私もエントリーしません。
トレンドが出ていても、そこまでの値動きを見ていないと判断材料がないですね。。

まだ下げるかどうかの判断は、値幅とスピード、値動きをみて判断しています。
経験からくる感覚・・・になってしまうので説明できないんですけど。
あえて説明するなら、MA21との乖離でしょうか。
ここでのチャートは1分ですが、乖離は5分足で見ることが多いです。

あとは、1時間足や日足でのサポートや節目、フィボナッチエクスパンションなどでも目標値を見ています。

それから、この時の画像は1分足で、青○が3回ありますね。
だいたい3派で一息っていうのも、自分の中のリズムであります。

例えば、1分足で3派ストンストンと落ちたら、5分足のMA21まで一旦戻りつつ休憩。
勢いの弱いスピードの遅い相場では、5分で3派の後15分のMAまで戻すとか。
これも感覚なので、お伝えするのが難しいです。。

いずれにしても、よくわからない時、自信のない時は、様子見みでいいと思いますよ^^


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。